コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平生釟三郎 ひらおはちさぶろう

3件 の用語解説(平生釟三郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平生釟三郎
ひらおはちさぶろう

[生]慶応2(1866).5.22. 岐阜
[没]1945.11.27. 東京
実業家,政治家。東京高等商業 (のちの一橋大学) 卒業後,母校助教授などを経て,東京海上火災に入社,専務となった。甲南学園を創設し,のち同学園理事長のほか,川崎造船社長などを歴任。 1935年貴族院議員に勅選され,翌 36年広田弘毅内閣の文相に就任した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平生釟三郎 ひらお-はちさぶろう

1866-1945 明治-昭和時代前期の実業家,政治家。
慶応2年5月22日生まれ。昭和8年川崎造船所社長,12年日本製鉄会長。11年広田内閣の文相,15年大日本産業報国会会長となる。貴族院議員,枢密顧問官。大正12年甲南高(現甲南大)を設立した。昭和20年11月27日死去。80歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。高等商業(現一橋大)卒。旧姓は田中。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平生釟三郎
ひらおはちさぶろう
(1866―1945)

明治・大正・昭和期の実業家。美濃(みの)国(岐阜県)の加納藩士田中家に生まれ、東京高等商業学校(現一橋大学)在学中に平生家に入婿し平生姓を名のった。同校卒業後、1894年(明治27)東京海上火災保険会社に入社。同社の再建に尽力して1917年(大正6)には専務取締役にまで昇進した。同社退社後、32年(昭和7)には川崎造船所社長、37年には日本製鉄会長に就任するなど、経済界で多方面に活躍した。この間、教育、社会事業にも多大な関心を示し、甲南学園の創設を主導して、1923年には7年制の甲南高等学校を創立。そのほか甲南病院を設立するなど、社会事業も推進した。一方、36年には広田弘毅(ひろたこうき)内閣の文部大臣に就任し、また40年には大日本産業報国会会長、43年には枢密顧問官に任ぜられるなど、政治面でも活躍した。[柴 孝夫]
『河合哲雄著『平生釟三郎』(1952・羽田書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平生釟三郎の関連キーワード小山栄達光永星郎池上清定伊原木藻平大久保意吉佐野昭松井茂光行次郎矢川ミキ矢川れん

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone