コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東山千栄子 ひがしやまちえこ

7件 の用語解説(東山千栄子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東山千栄子
ひがしやまちえこ

[生]1890.9.30. 千葉
[没]1980.5.8. 静岡
女優。本名河野せん。学習院女学部卒業。 1909年貿易商河野通久郎に嫁し,渡欧。モスクワに8年間滞在。 25年2月,35歳で女優を志し築地小劇場の研究生となる。翻訳劇に多く出演,特に『桜の園』のラネーフスカヤ夫人は一生の当り役となり,この役で 52年芸術選奨文部大臣賞を受賞した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひがしやま‐ちえこ【東山千栄子】

[1890~1980]女優。千葉の生まれ。本名、河野せん。築地小劇場・俳優座で活躍。「桜の園」の女主人公役などで好評を得た。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

東山千栄子【ひがしやまちえこ】

新劇女優。本名河野せん。千葉県生れ。学習院女子部卒。モスクワで8年間生活,モスクワ芸術座を見て演劇を志し,1925年築地小劇場に入る。1944年俳優座結成に参加し,その中心女優となった。
→関連項目東京物語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東山千栄子 ひがしやま-ちえこ

1890-1980 昭和時代の女優。
明治23年9月30日生まれ。大正14年築地小劇場にはいる。昭和19年俳優座の創立に参加。当たり役に「桜の園」のラネーフスカヤ夫人など。「東京物語」など映画にも数おおく出演。33年日本新劇俳優協会会長。41年文化功労者。昭和55年5月8日死去。89歳。千葉県出身。学習院女学部卒。本名は河野せん。旧姓は渡辺。著作に「新劇女優」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ひがしやまちえこ【東山千栄子】

1890‐1980(明治23‐昭和55)
新劇女優。本名河野せん。千葉県生れ。実業家と結婚して8年間モスクワに生活,モスクワ芸術座の舞台にふれて演劇に目を開かれたという。帰国後の1925年(大正14)築地小劇場に参加,容姿をいかしてとくに翻訳劇の貴婦人を当り役とした。小劇場解散後は,劇団築地小劇場などに属し,44年に結成された俳優座では精神的支柱といわれた。《桜の園》のラネーフスカヤ夫人,《女の平和》の女主人公が代表的傑作である。映画出演も多数。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひがしやまちえこ【東山千栄子】

1890~1980) 女優。本名河野せん。千葉県生まれ。築地小劇場に参加、のち俳優座などに所属。「桜の園」のラネーフスカヤ夫人など翻訳劇の貴婦人役に持ち味を発揮した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東山千栄子
ひがしやまちえこ
(1890―1980)

女優。本名河野(こうの)せん。旧姓渡辺。千葉県生まれ。学習院女学部卒業(1907)後、貿易商河野通久郎(とおくろう)に嫁し、モスクワに滞在(1909~17)、初めて見たモスクワ芸術座の舞台『桜の園』に感動した。1925年(大正14)34歳で築地(つきじ)小劇場の研究生となり、同年3月の『皇帝ジョーンズ』の貴婦人役が初舞台であった。劇団築地小劇場、劇団新東京を経て、44年(昭和19)俳優座創立同人。生涯の当り役といわれた『桜の園』のラネーフスカヤ夫人は、築地小劇場での初役(1927)以来、63年(昭和38)の俳優座公演まで300回に及んだ。西洋の近代古典劇のほか、日本の老婦人役でも資質を発揮。映画にも早くから出演し、とくに木下恵介、小津安二郎(おづやすじろう)監督作品に気品と貫禄(かんろく)のある演技をみせた。66年、女優として最初の文化功労者に選ばれる。自伝『新劇女優』(1958)がある。[祖父江昭二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の東山千栄子の言及

【東京物語】より

…脚本は監督自身と名コンビの野田高梧,撮影は《戸田家の兄妹》(1941)以来常連の厚田雄春,音楽はこの作品から常連になる斎藤高順。地方から上京した老夫婦(笠智衆,東山千栄子)が血縁の子どもたちの家に快く迎えられず,逆に戦死した息子の嫁(原節子)にもてなされるという題材は,アメリカ映画《明日は来らず》(レオ・マッケリー監督,1937)に想を得たものといわれるが,召集中の小津はその映画を見ておらず,それは野田高梧の脚本に影響を与えたにとどまる。老境を迎えた両親と壮年に達した子どもたちとの関係はむしろ《戸田家の兄妹》の戦後版といえよう(もっとも,《戸田家の兄妹》そのものもヘンリー・キング監督のアメリカ映画《オーバー・ゼ・ヒル》(1931)の翻案といわれているのだが……)。…

※「東山千栄子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東山千栄子の関連キーワード板倉酔月女優X/伊沢蘭奢の生涯千葉県千葉市稲毛区稲毛千葉県成田市浅間千葉県茂原市千沢千葉県長生郡長南町千田千葉県茂原市千町千葉県佐倉市千成千葉県千葉市中央区千葉寺町伊藤智子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東山千栄子の関連情報