コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東雲新聞 しののめしんぶん

5件 の用語解説(東雲新聞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東雲新聞
しののめしんぶん

1888年1月大阪で創刊された自由民権派の機関紙。当時大阪の旧自由党大同団結派は,月曜会と大阪倶楽部に分れていたが,『東雲新聞』はそのうちの大阪倶楽部の機関紙。高知県出身者が中心で,主筆は保安条例で東京を追われた中江兆民がつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しののめ‐しんぶん【東雲新聞】

明治21年(1888)大阪で創刊された自由民権派の新聞。中江兆民を主筆として人気を博した。同24年廃刊。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しののめしんぶん【東雲新聞】

明治時代の民権派の新聞。1888年(明治21)1月15日旧自由党員寺田寛や戸田猛馬らが1887年12月の保安条例で東京を追放された中江兆民を主筆に迎えて大阪で創刊した新聞。編集陣には栗原亮一江口三省らを擁し,有力な政論新聞であった。条約改正問題,大同団結運動などに鋭い論陣をはったほか,被差別部落の解放にも力を尽くした。89年10月兆民が東京に居を移すと,紙勢はしだいに衰えていった。91年10月29日休刊し,そのまま廃刊となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しののめしんぶん【東雲新聞】

1888(明治21)~91年に、大阪で発行された自由民権派の新聞。主筆中江兆民。条約改正問題や被差別部落の解放に論陣を張った。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東雲新聞
しののめしんぶん

1888年(明治21)1月15日、大阪の寺田寛(ひろし)らが中江兆民を主筆に栗原亮一(りょういち)、江口三省(さんせい)、植木枝盛(えもり)ら自由党系の人を迎えて創刊した日刊紙。後藤象二郎の大同団結運動を支持したが、大同団結が2派に分かれると大同協和会系の大阪倶楽部(くらぶ)の機関紙となる。兆民が生涯でもっとも力を注いだ新聞といわれ、論文「新民世界」で部落解放を訴え、大阪最大の被差別部落の動向を報道したほか、「寵商(ちょうしょう)豪権」と戦い、紙価を高めた。89年の大隈重信(おおくましげのぶ)の条約改正案に対しては強く反対、8月と10~11月の二度にわたり計41日間の発行停止を受けた。しかし同年4月、兆民が東京へ移るとしだいに紙勢衰え、91年10月29日終刊。[春原昭彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東雲新聞の関連キーワード朝野新聞伊藤鋳之助小川定明加賀美嘉兵衛(1)加藤九郎内藤伝右衛門中川利兵衛広瀬永太郎松本宗一吉本次郎兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone