コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松島庄五郎(初代) まつしま しょうごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松島庄五郎(初代) まつしま-しょうごろう

?-? 江戸時代中期の長唄唄方。
松島派流祖松島四郎八(しろはち)の門弟といわれる。享保(きょうほう)-宝暦(1716-64)ごろの人。美声で知られた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松島庄五郎(初代)

生年:生没年不詳
江戸中期,18世紀前半に活躍した長唄唄方。享保11(1726)年の江戸市村座顔見世番付の連名に初見。江戸四谷のせんざい場(青物市場)の呼び込み役であったが,声が非常によかったので勧められて長唄界に入ったという。師弟関係は不詳だが,三味線方の松島四郎八,あるいは松島助次郎あたりと関係があったのではなかろうか。初代吉住小三郎,坂田兵四郎と共に名人上手と称賛された。庄五郎名跡は,昭和期の4代まで続いた。

(植田隆之助)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

松島庄五郎(初代)の関連キーワード杵屋 弥十郎(6代目)松島 庄十郎(4代目)松島 庄五郎(3代目)松島 庄十郎(3代目)松島 庄五郎(2代目)松島庄五郎(3代)松永鉄五郎(5代)松島庄五郎(2代)芳村伊三郎(5代)富士田吉次(初代)吉住小三郎(1世)荻江露友(初代)10月17日杵屋六三郎荻江露友生年

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android