コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枕獅子 マクラジシ

4件 の用語解説(枕獅子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まくらじし【枕獅子】

歌舞伎舞踊。長唄。本名題「英獅子乱曲(はなぶさししのらんぎょく)」。寛保2年(1742)江戸市村座初演。石橋物(しゃっきょうもの)の一。前ジテは傾城姿で手獅子を持って踊り、後ジテは牡丹笠をつけて狂いになる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まくらじし【枕獅子】

歌舞伎舞踊。長唄。本名題《英獅子乱曲(はなぶさししのらんぎよく)》。1742年(寛保2)3月江戸市村座で初世瀬川菊之丞により初演。作詞・作曲不詳。初演のものとは思われないが相当古い振りが伝承されている女方石橋(しやつきよう)の一。最初のくだりに枕づくしの詞章で傾城が枕を持って踊るところから,この名がある。前ジテの川崎音頭が眼目。後ジテは女方の獅子の狂いとなる。この曲を改綴したものが《鏡獅子》で曲調は酷似している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まくらじし【枕獅子】

歌舞伎舞踊の一。長唄。本名題「英獅子乱曲はなぶさししのらんぎよく」。1742年江戸市村座初演。女方の石橋しやつきよう物の代表曲。前ジテは傾城姿で手獅子を持っての踊り、後ジテは牡丹笠をつけて華やかに舞い納めるもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

枕獅子
まくらじし

歌舞伎(かぶき)舞踊。長唄(ながうた)。本名題(ほんなだい)『英獅子乱曲(はなぶさししのらんきょく)』。作者不詳。1742年(寛保2)3月、江戸・市村座で初世瀬川菊之丞(きくのじょう)が初演。歌詞のなかに枕尽くしの文句があるのが通称の由来で、現存する「石橋(しゃっきょう)物」では最古の曲である。ただし、曲だけが残り、振(ふり)は長く絶えていたのを6世中村歌右衛門(うたえもん)が7世藤間勘十郎の振付けで復活。前半は傾城(けいせい)姿で手獅子を持って踊り、後半は同じ姿で肌脱ぎになり、牡丹笠(ぼたんがさ)をつけて獅子の狂いになる。遊里情緒にあふれた内容で、あくまでも女方(おんながた)の踊りである。なお、明治にできた『鏡獅子(かがみじし)』(1893)は、歌詞も曲も多くの部分をこの作品から取り入れている。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の枕獅子の言及

【石橋】より

…元禄期には水木辰之助が〈今様能狂言〉で《花子しゝのらんぎょく》を演じ,早川初瀬が軽業の石橋を得意とした記録がある。現存最古のものは,1734年(享保19),初世瀬川菊之丞の《相生(あいおい)獅子》,続いて同人の《枕獅子》。初世中村富十郎の《執着獅子》にいたり,女方の〈石橋〉として完成をみた。…

※「枕獅子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

枕獅子の関連キーワード石橋物鏡獅子二人椀久安宅松歌舞伎狂言素襖落名題下本名題奴道成寺高尾懺悔

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone