コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平信孝 まつだいら のぶなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平信孝 まつだいら-のぶなり

1655-1690 江戸時代前期の大名。
明暦元年生まれ。丹波篠山(ささやま)藩(兵庫県)藩主松平典信(すけのぶ)の長男。松平重信(しげのぶ)の養子となり,寛文13年家督をつぐ。元禄(げんろく)2年若年寄となり,加増されて駿河(するが)(静岡県)小島(おじま)藩主松平(滝脇(たきわき))家初代。1万石。ただし陣屋を庵原郡(いはらぐん)小島にさだめるのは2代信治(のぶはる)のとき。元禄3年10月18日死去。36歳。通称は助十郎。

松平信孝 まつだいら-のぶたか

?-1548 戦国時代の武将。
松平信忠(のぶただ)の次男。松平清康(きよやす)の弟。はじめ三河(愛知県)三木(みつぎ)にすみ,三木松平と称する。天文(てんぶん)6年甥(おい)松平広忠の岡崎帰城に尽力し,後見となる。のちかつての敵,織田信秀に属して岡崎城の広忠軍とたたかい,天文17年4月15日戦死。通称は蔵人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平信孝の関連キーワード松平信忠松平信治

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android