松平家忠(1)(読み)まつだいら いえただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平家忠(1) まつだいら-いえただ

1547-1582 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)16年生まれ。松平家広(いえひろ)の長男。三河(愛知県)形原(かたのはら)松平氏5代。徳川家康にしたがい,三方原の戦い,長篠(ながしの)の戦いなどで功をたてた。天正(てんしょう)10年10月16日死去。36歳。通称は左太郎,又七郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android