コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本英彦 まつもとひでひこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松本英彦
まつもとひでひこ

[生]1926.10.12. 岡山
[没]2000.2.29. 東京,多摩
テナー・サクソフォーン奏者。広島県府中市に育ち,旧制中学校音楽部でサクソフォーンクラリネットなどを学ぶ。1943年無線電信講習所に入学,在学中にジャズ界に入った。1949年新しい演奏スタイルのバップを演奏する CBナインに参加,力強い独奏で注目された。1951年にシックス・ジョーズに加入して人気を呼ぶ。1953年にピアノの中村八大,ベースの小野満,ドラムスジョージ川口とビッグ・フォーを結成,ジャズコンサートの流行を巻き起こした。白木秀雄クインテットを経て 1963年,アメリカ合衆国のモンタレー・ジャズ・フェスティバルに招かれて単独出演,好評を博した。1964年自身のグループを結成して新境地を開いた。1970年代にはフュージョンを手がけるなど常に前向きの意欲を示し,世界的な名声を得た。また,後進の指導にも情熱を注いだ。1979年度芸術祭賞大賞,1988年芸術選奨文部大臣賞,1991年紫綬褒章,1998年勲四等旭日小綬章を受けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本英彦 まつもと-ひでひこ

1926-2000 昭和後期-平成時代のジャズサックス奏者。
大正15年10月12日生まれ。戦時中にジャズに魅せられ,戦後米軍のクラブで演奏。昭和28年ジョージ川口,小野満,中村八大とビッグフォーを結成。38年アメリカのモンテレー-ジャズ祭に単独で出演,注目された。63年芸術選奨。平成12年2月29日死去。73歳。岡山県出身。無線電信講習所(現電気通信大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松本英彦の関連キーワード広島県府中市松本 英彦中村 八大小津 昌彦清水 閏小野 満

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松本英彦の関連情報