コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松田耕平 まつだこうへい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松田耕平
まつだこうへい

[生]1922.1.28. 大阪
[没]2002.7.10. 広島,広島
実業家。プロ野球球団広島東洋カープのオーナー。1946年慶應義塾大学を卒業。1956年広島マツダ社長,1959年マツダオート広島社長を経て 1961年,祖父の松田重次郎が創業した東洋工業(1984年マツダに改称)に入り,副社長となる。1970年社長。ロータリーエンジン車を量産化して自動車業界の先端に立ったが,第1次石油危機に直面して業績悪化を招く。主取引銀行主導型の経営再建が進み,1977年に会長。1979アメリカ合衆国フォード・モーター資本提携して 1980年取締役相談役に退いた。1998年から名誉相談役。一方,1970年に広島東洋カープオーナーに就任後,斬新な運営で強い「赤ヘル軍団」を築いた。1975年にはセントラルリーグ初優勝に輝き,6度のリーグ優勝,3度の日本一の実績を上げた。1990年ドミニカ共和国に野球学校を開設,自前の選手発掘・育成に乗り出した。1992年勲二等旭日重光章フランスの芸術文化勲章コマンドールを受章。2003年に野球殿堂入り。(→プロ野球

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まつだ‐こうへい〔‐カウヘイ〕【松田耕平】

[1922~2002]実業家。広島の生まれ。昭和45年(1970)東洋工業マツダの前身)の社長に就任、プロ野球球団広島東洋カープのオーナーとなる。米国メジャーリーグに学び、海外キャンプや外国人監督の起用などの改革を進め、チームを初優勝へと導いた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松田耕平 まつだ-こうへい

1922-2002 昭和後期-平成時代の経営者。
大正11年1月28日生まれ。松田恒次の長男。アメリカの自動車部品メーカーでまなび,昭和31年広島マツダ社長,36年東洋工業(現マツダ)副社長。父の急死で45年社長に就任。ロータリーエンジンに力をいれたが,経営不振をまねき52年会長にしりぞく。55年取締役相談役。45年から広島東洋カープのオーナー。平成14年7月10日死去。80歳。広島県出身。慶大卒。平成15年特別表彰で野球殿堂入りとなる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松田耕平の関連キーワードマイケル フェルプス島津保次郎マーリーン オッティフランク フレデリクスライアン ロクテ排他的経済水域カースティ コベントリーイアン ソープアリソン フェリックス日ロ漁業問題

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松田耕平の関連情報