コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松菜 マツナ

大辞林 第三版の解説

まつな【松菜】

アカザ科の一年草。関東以西、九州・四国の海岸に生える。高さ40~80センチメートル。よく分枝し、線形の葉を密に互生。夏から秋にかけ、葉腋ようえきに緑色の小花をつける。若菜は食べられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

松菜 (マツナ)

植物。トクサ科の多年草,園芸植物,薬用植物。スギナの別称

松菜 (マツナ)

学名:Suaeda glauca
植物。アカザ科の一年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

松菜の関連キーワード恋は雨上がりのようにコマツナ(小松菜)ハッピーこまちゃん餅菜(正月菜)仙台伝統雪菜近キョリ恋愛ベジたべる伝統小松菜バクマン。土居分小菜鶯菜・鴬菜アブラナ科小松菜の日コマツナ亜硝酸塩熊本京菜くたっと仙台雪菜青寄せ葉菜類

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android