コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松虫・鈴虫 まつむし・すずむし

百科事典マイペディアの解説

松虫・鈴虫【まつむし・すずむし】

後鳥羽上皇の二人の女房。1207年,法然の弟子の住蓮・安楽は密通事件を起こして死罪,法然は四国流罪となった(建永法難)が,その相手の女房の伝承上の名前。1675年刊の《難波名所葦分船》に松虫塚を載せ,1851年刊の《日本往生伝和解》は二人の年齢を19歳,17歳と記す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松虫・鈴虫 まつむし・すずむし

?-? 鎌倉時代,後鳥羽上皇の女御(にょうご)。
法然の弟子住蓮,遵西(じゅんさい)(安楽房)の説教に感化され,上皇の留守に宮中をぬけだしてともに尼となった。これが原因でふたりの僧は斬罪,法然は讃岐(さぬき)(香川県)に流罪となった。承元(じょうげん)の法難(1207)という。京都鹿ケ谷(ししがたに)の住蓮山安楽寺に両尼の五輪石塔(恋塚)などがある。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松虫・鈴虫の関連キーワード繁野 天来三木 天遊鎌倉時代繁野天来女御

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android