松虫・鈴虫(読み)まつむし・すずむし

百科事典マイペディアの解説

松虫・鈴虫【まつむし・すずむし】

後鳥羽上皇の二人の女房。1207年,法然の弟子の住蓮・安楽は密通事件を起こして死罪,法然は四国流罪となった(建永法難)が,その相手の女房の伝承上の名前。1675年刊の《難波名所葦分船》に松虫塚を載せ,1851年刊の《日本往生伝和解》は二人の年齢を19歳,17歳と記す。これらでは密通は否定され,出家したことが後鳥羽上皇の逆鱗(げきりん)に触れたとする。京都東山の鹿ヶ谷(ししがたに)の草庵跡に建立された安楽寺には木像や縁起絵が残る。また広島県生口島(いくちじま)の光明坊の寺伝では,後白河法皇の皇女如念尼が松虫・鈴虫という二人の侍女を伴に寓居したと伝えている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松虫・鈴虫 まつむし・すずむし

?-? 鎌倉時代,後鳥羽上皇の女御(にょうご)。
法然の弟子住蓮,遵西(じゅんさい)(安楽房)の説教に感化され,上皇の留守に宮中をぬけだしてともに尼となった。これが原因でふたりの僧は斬罪,法然は讃岐(さぬき)(香川県)に流罪となった。承元(じょうげん)の法難(1207)という。京都鹿ケ谷(ししがたに)の住蓮山安楽寺に両尼の五輪石塔(恋塚)などがある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android