コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松野鶴平 まつのつるへい

3件 の用語解説(松野鶴平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松野鶴平
まつのつるへい

[生]1883.12.22. 熊本
[没]1962.10.18. 東京
政治家。中学中退。 1920年衆議院議員に初当選し,第2次世界大戦中まで連続7回当選。立憲政友会で重きをなし,35年政友会幹事長,40年鉄道相。公職追放解除後の 52年参議院議員に当選,56年参議院議長,62年議長辞任後まもなく死去。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松野鶴平 まつの-つるへい

1883-1962 大正-昭和時代の政治家。
明治16年12月22日生まれ。松野頼三の父。大正9年衆議院議員(当選7回)。犬養内閣の内務政務次官,政友会幹事長,米内内閣の鉄道相などを歴任。戦後は日本自由党結成にくわわり,昭和27年参議院議員(当選3回)。党人派長老として吉田派と鳩山派の橋渡し役をつとめた。31年参議院議長。昭和37年10月18日死去。78歳。熊本県出身。城北学館中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松野鶴平
まつのつるへい
(1883―1962)

政党政治家。熊本電気鉄道、熊本製粉の社長も務めた。政友会系の代議士野田卯太郎(うたろう)の女婿。熊本県生まれ。城北学館出身。1920年(大正9)衆議院議員初当選。政友会に属し、1931年(昭和6)犬養毅(いぬかいつよし)内閣内務政務次官、1940年米内光政(よないみつまさ)内閣鉄道相となる。この間、鳩山一郎(はとやまいちろう)派の一員として党内工作にも手腕を振るう。敗戦後、日本自由党の結成に参加したが公職追放となる。解除後、1952年(昭和27)参議院議員に当選。吉田茂派と鳩山派の党内主導権争いではその調停に奔走した。1956年から1962年まで参議院議長を務めた。その地盤は三男の頼三(らいぞう)(1917―2006)に継がれた。[小田部雄次]
『酒井健亀編著『松野鶴平伝』(1972・熊本電気鉄道)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松野鶴平の関連キーワード大迫元繁小畑惟清柿原政一郎木村正路小島七郎島田七郎右衛門島田久吉藤沼庄平矢吹省三吉田登穀

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone