板倉町(読み)いたくら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

板倉〔町〕
いたくら

群馬県南東端,利根川渡良瀬川にはさまれた先端部にある町。 1955年西谷田,海老瀬,大箇野,伊奈良の4村が合体して町制。付近一帯は古来低湿地にあり水害が多かったが,排水改良事業と堤防の増強により,洪水の心配がなくなった。これに伴って板倉沼をはじめ多数の沼が干拓され水田と化した。米作が主であるが,野菜栽培も行われる。水塚や上げ舟をもつ家が多い。重要文化財の八幡宮稲荷神社社殿をもつ雷電神社をはじめ安勝寺など古刹がある。国道 354号線が通る。面積 41.86km2。人口 1万5015(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

板倉町の関連情報