コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枕箱 マクラバコ

3件 の用語解説(枕箱の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まくら‐ばこ【枕箱】

箱形の木枕。箱枕。
枕を入れておく箱。ふつう5個または10個を入れる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まくらばこ【枕箱】

台の部分が箱状になっている枕。箱枕。
枕を入れておく箱。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

枕箱
まくらばこ

5個または10個の枕を入れておく箱、または木製箱型の枕に蓋(ふた)や引出しをつけて小物入れにも兼用する道具をいう。後者は、元来、長方形で中空の箱を枕としたことから、これに引出しをつけてたばこや小物入れとしても利用されたが、しだいに錠前(じょうまえ)付きのものなどが現れて、枕としてよりも金銭など貴重品の保管に用いられるようになった。
 一方、漁師が船で沖へ出るときにも枕箱が携帯された。これは、菅江真澄(すがえますみ)の『小鹿(おが)の鈴風(すずかぜ)』に「横一尺あまり、煙草(たばこ)ほくす附竹、鉤などを入れ、之(これ)を夜は枕としてつゆも身を放たぬもの」と説明されているが、通常小形で中空の箱に防水・防湿のため密閉式の印籠蓋(いんろうぶた)や引出しを備え、中には火打石やマッチなどの発火具、たばこなどを入れ、横になるときには枕にも使用するものである。地方によっては、オキバコ、チゲバコなどとよび、やや大形の木箱を船に携える場合もあり、大形のものには釣り用具や網用具、弁当なども入れた。枕箱には節分に用いた豆を入れておき、海上で船が方角を失ったときに撒(ま)けば占えるという所や、賽(さい)を入れておく所もあり、この海上での呪物(じゅぶつ)に対する信仰は船霊(ふなだま)信仰につながるものがある。[野口武徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

枕箱の関連キーワード油壺木枕括り枕木枕返し高枕枕引き水入れ図嚢糊入れ文箱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone