枕飯(読み)まくらめし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

枕飯
まくらめし

死者の枕元に供える高盛り飯。古くは,土間に新たなかまどを設け,鍋も別にし,のふた1杯の米をとがずに炊いた。飯は残さず茶碗に盛上げ,上に箸を1本あるいは木と竹を1本ずつ立てるなど,日常とは異なる供え方をする。多くは喪主などが捧持して葬列に加わり,とともに埋め,また墓所に供える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

枕飯【まくらめし】

死の直後,死者の枕元に供える飯。臨時のかまどでたき,死者の使っていた茶碗に高盛りにし,箸をたてる。死者の霊山詣(もうで)の弁当だと信じられ,喪主の妻がこれをもって葬列に加わり,墓上におく。棺に納めるところも多い。
→関連項目葬制

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まくらめし【枕飯】

死後ただちに死者の枕もとに供える飯のこと。死者の分だけ玄米を〈外かまど〉で炊き,生前使用の茶わんに高盛りにし,それにはしをつきたてて,北枕に安置された死者の枕もとに供えるのが普通である。野辺送りには施主の妻が持ち,棺とともに埋める。枕飯を霊山詣のための弁当と説明する所があるが,高盛飯にすることといい,はしをつきたてることといい,往生者(貴人)としての死者へ供えられた食物であったと考えられる。【田中 久夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まくらめし【枕飯】

死者の枕元または、墓前に供える、高盛りにした飯。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

枕飯
まくらめし

死者の枕元に供える盛り切りの飯。人の死後ただちに、お椀(わん)の蓋(ふた)すり切りの米を、とがずに、日常のかまどとは別に臨時のかまどを設け、鍋(なべ)・釜(かま)に蓋をせずに炊き、炊いただけを茶碗(ちゃわん)に盛るなどの作法がある。茶碗は死者が生前に常用したものを使い、箸(はし)を1本か2本、飯の上に突き立てたり、1本を立て1本を横に挿す例もある。飯の一部を小さな握り飯にして上にのせ、散飯(さば)とよぶ地方もある。日常の食事で、一膳飯(いちぜんめし)や箸を立てることを忌むのは、枕飯を連想するため。枕飯は祭壇に移し、葬列ではお膳にのせて相続人の妻が持つ。墓前に供えるのが一般で、埋葬した上に霊屋(たまや)を設ける場合はその中に入れる。枕団子を伴うことが多い。[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android