コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤尚武 さとうなおたけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐藤尚武
さとうなおたけ

[生]1882.10.30. 大阪
[没]1971.12.18. 東京
外交官。旧津軽藩士の子に生れ,同藩の佐藤家の養子となった。 1906年ロシア駐在を振出しにハルビン総領事,ポーランド公使,ベルギー大使,フランス大使,外務大臣を歴任し,42年ソ連大使に就任,第2次世界大戦終戦時の大使として重任を果した戦前外交界の長老。満州事変当時,国際連盟において日本代表として孤軍奮闘したが,33年連盟脱退に際会した全権となった。 37年林内閣の外相として議会で,「危機を招くも招かざるもみな日本の意図による」と演説,軟弱外交と非難された。終戦前,ソ連を通して連合国との和平交渉にあたったが,45年7月 20日付の終戦意見電報は有名。 47年参議院議員,49年 11月から 53年5月まで参議院議長であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤尚武 さとう-なおたけ

1882-1971 大正-昭和時代の外交官,政治家。
明治15年10月30日生まれ。佐藤愛麿(よしまろ)の養子。ポーランド公使,ベルギー大使などを歴任。昭和8年国際連盟総会で満州国否認決議に抗議して松岡洋右(ようすけ)らと退場した。12年林内閣の外相,17年ソ連大使。戦後は参議院議員(当選3回,緑風会),参議院議長。昭和46年12月18日死去。89歳。大阪出身。東京高商(現一橋大)卒。旧姓は田中。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐藤尚武
さとうなおたけ
(1882―1971)

外交官、政治家。青森県出身。東京高商(現一橋大学)卒業後、外務省に入る。ポーランド公使、ベルギー大使などを歴任。その間、国際連盟日本国事務局長などを務め、1933年(昭和8)の「満州国」否認決議に際しては全権松岡洋右(まつおかようすけ)とともに抗議の退場をした。1937年林銑十郎(はやしせんじゅうろう)内閣外相となり、従来の「広田三原則」にかわる新しい対中国政策を提起した。1942年駐ソ大使となり、第二次世界大戦中の日ソ交渉に尽力。終戦後、枢密顧問官。1947年参議院議員、緑風会結成に参加。1949年参議院議長。伊勢(いせ)神宮奉賛会長なども務めた。[小田部雄次]
『佐藤尚武著『日本外交人物叢書17 回顧八十年』(2002・ゆまに書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

佐藤尚武の関連キーワード華北分離工作淡谷 のり子佐藤 尚武江口 隆哉昭和時代外務大臣外交官振出し重任

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android