コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤尚武 さとうなおたけ

3件 の用語解説(佐藤尚武の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐藤尚武
さとうなおたけ

[生]1882.10.30. 大阪
[没]1971.12.18. 東京
外交官。旧津軽藩士の子に生れ,同藩の佐藤家の養子となった。 1906年ロシア駐在を振出しにハルビン総領事,ポーランド公使,ベルギー大使,フランス大使,外務大臣を歴任し,42年ソ連大使に就任,第2次世界大戦終戦時の大使として重任を果した戦前外交界の長老。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤尚武 さとう-なおたけ

1882-1971 大正-昭和時代の外交官,政治家。
明治15年10月30日生まれ。佐藤愛麿(よしまろ)の養子。ポーランド公使,ベルギー大使などを歴任。昭和8年国際連盟総会で満州国否認決議に抗議して松岡洋右(ようすけ)らと退場した。12年林内閣の外相,17年ソ連大使。戦後は参議院議員(当選3回,緑風会),参議院議長。昭和46年12月18日死去。89歳。大阪出身。東京高商(現一橋大)卒。旧姓は田中。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐藤尚武
さとうなおたけ
(1882―1971)

外交官、政治家。青森県出身。東京高商(現一橋大学)卒業後、外務省に入る。ポーランド公使、ベルギー大使などを歴任。その間、国際連盟日本国事務局長などを務め、1933年(昭和8)の「満州国」否認決議に際しては全権松岡洋右(まつおかようすけ)とともに抗議の退場をした。1937年林銑十郎(はやしせんじゅうろう)内閣外相となり、従来の「広田三原則」にかわる新しい対中国政策を提起した。1942年駐ソ大使となり、第二次世界大戦中の日ソ交渉に尽力。終戦後、枢密顧問官。1947年参議院議員、緑風会結成に参加。1949年参議院議長。伊勢(いせ)神宮奉賛会長なども務めた。[小田部雄次]
『佐藤尚武著『日本外交人物叢書17 回顧八十年』(2002・ゆまに書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐藤尚武の関連キーワード大倉邦彦小畑薫良栗山茂斎藤良衛武内竜次時野谷常三郎西春彦林毅陸広田守信松井慶四郎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone