コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栄爵 エイシャク

デジタル大辞泉の解説

えい‐しゃく【栄爵】

高く貴い位。
《五位に叙せられることを叙爵と称し、名誉なこととしたところから》五位の異称。
「東の方より、―尋ねて買はんと思ひて、京に上りたる者ありけり」〈今昔・二七・一七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えいしゃく【栄爵】

原義は栄誉ある位(位階)。ただし律令では五位以上を貴族としたので,とくに従五位下を指すことが多くなった。いっぽう公共に財物を貢献した者に位階を授ける例が奈良時代から開けていたが,平安時代中期以降,五位を希望する者を募って朝廷・寺社の建物の修築や行事の費用を負担させることが行われ,単に栄爵といえばこの類の売位制度を指すようになった。この栄爵は鎌倉時代以後まで続いた。売官【時野谷 滋】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えいしゃく【栄爵】

名誉ある貴い爵位。 「 -を賜る」
〔五位に叙せられることを「叙爵」といい、名誉としたところから〕 五位の別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の栄爵の言及

【売官】より

…【梅原 郁】
[日本]
 国家の財政制度として,公然と希望者を募り,任料,叙料を納入させて任官,叙位を行う売官・売位制度が,平安時代を中心に鎌倉時代に及んで行われた。年官年爵および成功(じようごう),栄爵がそのおもなものである。いずれも平安時代に入って調・庸の粗悪化,未納が増加し,国家財政が困難になるとともに食封(じきふ)に頼っていた皇族,貴族の経済も窮乏したため,その弥縫(びほう)策の一つとして,前者について成功,栄爵,後者について年官,年爵が成立した。…

※「栄爵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

栄爵の関連キーワード借・嚼・尺・杓・灼・爵・綽・酌・釈・釋・錫冠(こうぶり)宇野 宗佑売位・売官日韓併合ナイト叙爵別名尊爵顕爵年爵

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android