コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重症心身障害児 じゅうしょうしんしんしょうがいじ

4件 の用語解説(重症心身障害児の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

じゅうしょうしんしんしょうがいじ【重症心身障害児】

児童福祉法に規定されている、重度の知的障害と重度の肢体不自由が重複している児童。一般には、心身の障害の程度がきわめて重く、常時介護を必要とする児童をいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

重症心身障害児

重度の知的障害肢体不自由が重複する子。日常生活に医療ケアが必要な人が多い。医師や看護師が常駐する施設に通ったり、入所したりして支援を受ける。児童福祉法障害者自立支援法の改正で、重症心身障害児に対応する施設は4月から、「医療型障害児入所施設」に名称が変わった。

(2012-05-05 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

重症心身障害児【じゅうしょうしんしんしょうがいじ】

重度の精神発達遅滞および重度の肢体不自由(上肢,下肢および体幹の機能の障害)が重複している児童(満18歳未満のもの)。その発生原因の50%以上は脳性小児麻痺(まひ)による。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうしょうしんしんしょうがいじ【重症心身障害児】

この語は最初は学問的というよりは行政的な立場から定義がなされた(厚生省《重症心身障害児療育実施要項》1963)。そこでは,重症心身障害児とは,(1)重度の身体障害があってリハビリテーションが著しく困難であり精神薄弱を伴う者,(2)重症の身体障害もしくは精神薄弱があって,家庭内療育はもとより重度児を対象とする肢体不自由児施設,精神薄弱児施設でも指導,療育が不可能,不適当の者,とされた。その後,1966年の児童福祉法一部改正によって新たな定義がなされた(43条の4)が,それは上記の定義をやや具体的にしたもので,基本には変更がない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

重症心身障害児の関連キーワード巨礫コンカ学問的制規商人は腹を売り客は下より這うスメクタイト平衡過程ダイアストロフィズムドイテロゲナス田舎の学問より京の昼寝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

重症心身障害児の関連情報