コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栄養機能食品 エイヨウキノウショクヒン

4件 の用語解説(栄養機能食品の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えいようきのう‐しょくひん〔エイヤウキノウ‐〕【栄養機能食品】

保健機能食品の一種。高齢化や食生活の乱れなどで不足しがちなビタミンカルシウムなどの栄養成分の補給・補完のために利用する食品。販売するためには、厚生労働省の定めた基準を満たし、かつ、決められた栄養成分の栄養機能表示と注意喚起表示が必要となる。条件を満たせば、許可申請や届出などは不要で、自由に製造・販売ができる。→特定保健用食品機能性表示食品

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えいようきのうしょくひん【栄養機能食品】

保健機能食品の類型の一。食生活の乱れなどで不足しがちなビタミンやミネラルなどの補給・補完に適する食品。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典の解説

えいようきのうしょくひん【栄養機能食品】


保健機能食品のうち、不足する栄養成分(ビタミン・ミネラル)の補給のために摂取する製品。健康増進法で、一日当たりの摂取目安量に含まれる当該栄養成分量に上下の範囲を定めた規格基準があり、これを満たしたものは栄養成分の機能を表示できる。栄養機能表示だけでなく、注意事項等も適正な表示を要する。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栄養機能食品
えいようきのうしょくひん

人の成長・発達および健康を保つために必要な栄養成分(ビタミン、ミネラルなど)を補うことを目的とし、栄養成分の機能を表示した食品。加齢や不規則な食習慣などにより必要な栄養成分が不足した場合などに補給を目的に利用される。「特定保健用食品」とともに、特定の保健機能をもつ成分を含む「保健機能食品」に分類され、適切に摂取すれば健康の維持増進などに寄与すると考えられる食品として位置づけられる。「特定保健用食品(トクホ)」の販売には審査を受けることが必要なのに対して、「栄養機能食品」は、含有栄養成分量などが国の定めた規格基準に適合していれば、許可申請や届出をせずに製造・販売ができる。ただし、トクホと同様に摂取に際しての注意喚起表示が必要である。
 規格基準にはカルシウムやマグネシウムなどミネラル類5種類、ビタミン類12種類の栄養成分について、それぞれ1日当り必要な量の上限値と下限値が示されている。この規格基準に適合するとは、これらの栄養成分のうち最低1種類について、対象となる栄養機能食品の1日当りの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、この上限値と下限値の範囲に含まれることをさす。規格基準に示す栄養成分量の上限値と下限値の範囲は、たとえばカルシウムは210~600ミリグラム、マグネシウムは75~300ミリグラムとされている。なお栄養機能食品を含む保健機能食品制度に関連する業務は、2009年(平成21)より厚生労働省から消費者庁へ移管されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養機能食品の関連キーワード国際食品規格特定保健用食品機能性食用油脂保健機能食品機能性食品食生活改善食生活改善推進員食生活史食生活状況調査日本の製パン業界

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

栄養機能食品の関連情報