コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂枝加芍薬湯 けいしかしゃくやくとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

けいしかしゃくやくとう【桂枝加芍薬湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)桂枝または桂皮(けいひ)芍薬生姜(しょうきょう)大棗(たいそう)甘草(かんぞう)などを含む。漢方の古典『傷寒論(しょうかんろん)』などに処方が示されている。しぶり腹便秘腸炎などに用い、腹痛膨満感をともなうとき、とくに有効とされる。比較的体力の低下している人がおもな対象。桂枝加芍薬大黄湯(だいおうとう)と効能は似ているが、効き目がおだやか。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)

漢方薬のひとつ。腹痛、排便異常などの症状に処方される。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

桂枝加芍薬湯の関連キーワード桂枝湯

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android