コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桐竹紋十郎(初代) きりたけ もんじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桐竹紋十郎(初代) きりたけ-もんじゅうろう

1845-1910 明治時代の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い。
弘化(こうか)2年2月生まれ。桐竹門十郎の子。3代吉田辰造に入門。江戸で修業したあと大坂にもどり,桐竹亀松の名で文楽座に出演。明治9年門十郎を襲名し,翌年紋十郎と改名。女方遣いの派手な芸風で知られた。明治43年8月15日死去。66歳。本名は小林福太郎

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

桐竹紋十郎(初代)

没年:明治43.8.15(1910)
生年:弘化2?(1845)
明治期を代表する文楽人形の女形遣いの名手。本名小林福太郎。桐竹門十郎の子。3代目吉田辰造に入門して辰三郎と名乗り,13歳で大坂御霊の芝居初舞台を踏んだが,18歳のときに大坂を出て旅回りのあと江戸へ行き薩摩座の3代目西川伊三郎に付いて修業,明治9(1876)年に文楽座に帰り父の名跡の門十郎を継いだ。しかし他からの抗議により紋十郎と改める。最初は立役を遣ったがのちに女形に変わり,派手な芸風で人気を集めた。得意の役は「伽羅先代萩」の政岡,「仮名手本忠臣蔵」の戸無瀬,「艶容女舞衣」(「酒屋」)のお園,「妹背山婦女庭訓」のお三輪など。雑誌『歌舞伎』40号に「重の井子別れ」の型の記録がある。<著作>『桐竹紋十郎手記』(未刊随筆百種12巻)<参考文献>『義太夫年表/明治篇』

(山田庄一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

桐竹紋十郎(初代)の関連キーワード豊竹 若太夫(10代目)吉田 玉五郎(2代目)桐竹 勘十郎(2代目)吉田 辰五郎(5代目)豊松 清十郎(4代目)桐竹 紋太郎(2代目)豊竹若大夫(10世)吉田 栄三(1代目)吉田 玉松(3代目)[各個指定]芸能部門竹本住大夫(6世)吉田玉五郎(2代)桐竹勘十郎(2代)吉田 栄三(初代)西川伊三郎(3代)桐竹勘十郎(2世)吉田玉助(3世)吉田簑助(3世)吉田栄三(1世)吉田簑助(3代)

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android