コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑木彧雄 くわきあやお

4件 の用語解説(桑木彧雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桑木彧雄
くわきあやお

[生]1878.9.9. 東京
[没]1945.5.16.
理論物理学者,科学史家。大正・昭和期に科学思想の分野で活躍。長兄桑木厳翼カント哲学者。 1899年東京帝国大学理科大学物理学科卒業。 1906年論文「絶対運動論」を発表。 1907年明治専門学校 (現九州工業大学) 教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑木彧雄 くわき-あやお

1878-1945 明治-昭和時代前期の物理学者,科学史家。
明治11年9月9日生まれ。桑木厳翼の弟。東京帝大助教授,九州帝大教授,松本高校長などを歴任。昭和16年日本科学史学会初代会長。アインシュタイン相対性理論の紹介につとめた。昭和20年5月16日死去。68歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「物理学と認識」「科学史考」「アインシュタイン伝」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

くわきあやお【桑木彧雄】

1878‐1945(明治11‐昭和20)
物理学者,科学史家。旧金沢藩士桑木愛信の息子で哲学者厳翼の実弟。東京生れ。1899年東京帝国大学理学部物理学科を卒業し同大学講師,助教授を経て1906年明治専門学校(現,九州工業大学)教授となる。14年新設の九州帝大工学部教授。38年九大を退官し同名誉教授,松本高等学校長に任ぜられたが翌39年辞任。ほかに学術研究会議会員も歴任。大学時代山川健次郎田中館愛橘長岡半太郎らに学び,とくに長岡からはマッハヘルツらの力学について深い影響を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桑木
くわきあやお
(1878―1945)

科学論、科学史の研究者。日本におけるこの分野の開拓者。旧金沢藩士の子として東京に生まれ、兄に哲学者桑木厳翼(げんよく)がいる。第一高等学校を経て、東京帝国大学理科大学物理学科に学び理論物理学を専攻、卒業(1899)後、同大学の講師、続いて助教授となる。日露戦争で軍務についたが、戦後は明治専門学校(現、九州工業大学)教授を務め、1907年(明治40)から2年間ヨーロッパに留学、この間、アインシュタイン、マッハ、ポアンカレ、ローレンツらとの面識も得た。帰国後、九州帝国大学の創設に伴い、同工科大学の教授となり(1911)、数学および力学を講じ、のち物理学の講座をも担当している。退官(1938)後は松本高等学校校長として1942年(昭和17)まで在職した。理学博士(1916)、九州帝国大学名誉教授。
 早くから科学論、科学史に関心をもち、この分野の重要性を強調し、また多くの著作を著した。日本科学史学会の創立(1941)とともにその初代会長となり、没年までその職にあった。アインシュタインの相対性理論の紹介者としても知られ、その著『アインシュタイン伝』(1934)は名著。『物理学と認識』(1922)、『科学史考』(1944)などの著書も知られる。[藤村 淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の桑木彧雄の言及

【科学史】より

…物理学の専門教育を受けた菅井準一,天野清,湯浅光朝,稲沼瑞穂らに,西洋史出身の平田寛などが加わって,日本科学史学会が発足したのは41年,同年岩波書店を媒介として機関誌《科学史研究》も刊行され,科学史研究は制度的な支持をいちおう受けることになった。初代会長は物理学者として令名の高かった桑木彧雄,2代は小倉,3代は三枝,さらに加茂儀一,湯浅,平田という形で会長が継承されてきた。この時期から第2次大戦後にかけて科学史研究を支えた人々としては,さらに下村寅太郎,矢島祐利,大矢真一,藪内清,八杉竜一らの名を挙げておくべきであろう。…

※「桑木彧雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

桑木彧雄の関連キーワード小倉金之助核物理学デュエムポッゲンドルフ理学ダンネマン天野清高林武彦広重徹矢島祐利

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone