梅若玄祥(2世)(読み)うめわかげんしょう[にせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「梅若玄祥(2世)」の解説

梅若玄祥(2世)
うめわかげんしょう[にせい]

[生]1948.2.16. 東京,中野
観世流シテ方の楽師。本名善政。前名梅若景英,梅若六之,梅若紀彰,56世梅若六郎。55世梅若六郎の二男。2世梅若実,および父 55世梅若六郎に師事。1951年『鞍馬天狗』の花見で初舞台。1954年『猩々』で初シテ。1965年『道成寺』,1984年『卒都婆小町』,1991年『姨捨』,1995年『檜垣』を初演。現行曲演出の再検討,番外曲の復曲,新作能の上演なども積極的に推進。古台本による古演出の復活試演では『谷行』『恋重荷』,復曲では『大般若』『治親』,新作能では『伽羅沙』『空海』『ジゼル』などに主演。1986年度芸術選奨文部大臣新人賞,1999年日本芸術院賞。2007年日本芸術院会員に就任。梅若会,梅若六郎の会などを主宰。梅若会理事長,梅若能楽学院院長。1988年 56世梅若六郎を襲名。2008年 2世梅若玄祥を襲名。著書に『梅若能面百姿』(1985),『まことの花』(2003)がある。叔父に梅若雅俊,梅若恭行がいる。(→

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android