コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅若玄祥(2世) うめわかげんしょう[にせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梅若玄祥(2世)
うめわかげんしょう[にせい]

[生]1948.2.16. 東京,中野
観世流シテ方の楽師。本名善政。前名梅若景英,梅若六之丞,梅若紀彰,56世梅若六郎。55世梅若六郎の二男。2世梅若実,および父 55世梅若六郎に師事。1951年『鞍馬天狗』の花見で初舞台。1954年『猩々』で初シテ。1965年『道成寺』,1984年『卒都婆小町』,1991年『姨捨』,1995年『檜垣』を初演。現行曲演出の再検討,番外曲の復曲,新作能の上演なども積極的に推進。古台本による古演出の復活試演では『谷行』『恋重荷』,復曲では『大般若』『治親』,新作能では『伽羅沙』『空海』『ジゼル』などに主演。1986年度芸術選奨文部大臣新人賞,1999年日本芸術院賞。2007年日本芸術院会員に就任。梅若会,梅若六郎の会などを主宰。梅若会理事長,梅若能楽学院院長。1988年 56世梅若六郎を襲名。2008年 2世梅若玄祥を襲名。著書に『梅若能面百姿』(1985),『まことの花』(2003)がある。叔父に梅若雅俊,梅若恭行がいる。(→

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

梅若玄祥(2世)の関連キーワード新藤兼人木下恵介エレクトロニクス史(年表)民主自由党[日本]市川崑北朝鮮斎藤寅次郎戦争文学ヒューストン(John Huston)ベルイマン(Ingmar Bergman)

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android