コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅若六郎 ウメワカロクロウ

デジタル大辞泉の解説

うめわか‐ろくろう〔‐ロクラウ〕【梅若六郎】

[1907~1979]能楽師。シテ方観世流。東京の生まれ。2世梅若実の長男。梅若能楽学院を主宰した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

梅若六郎【うめわかろくろう】

能楽師。観世流シテ方の梅若家の通名。55世の六郎〔1907-1979〕は2世梅若実の長男であり,前名は亀之(たかし),景英,六之丞。1948年襲名。1954年一門とともに観世流に復帰。
→関連項目観世華雪

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

うめわかろくろう【梅若六郎】

梅若実うめわかみのるの前名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梅若六郎
うめわかろくろう

能の観世流シテ方、梅若本家の通名。55世六郎(1907―79)は、2世梅若実の長男で、東京生まれ。前名亀之(たかし)、景英(かげふさ)、六之丞(ろくのじょう)。美貌(びぼう)と美声に恵まれ、艶麗(えんれい)な芸で多くの人を魅了した。現行曲のすべてを完演、公開の演能の数では2000番を超す史上最多の舞台を勤めた。ギリシアほか海外にも足跡を残す。1954年(昭和29)、能界から孤立した梅若流から観世流への復帰を英断をもって果たし、61年には能界初の学校組織による梅若能楽学院を設立、理事長となる。67年芸術院会員。56世六郎(1948― )は、本名善政(よしまさ)、55世の次男。前名景英、六之丞、紀彰(としてる)。官能美と演出力をあわせもつ演者で梅若会を主宰。『大般若(だいはんにゃ)』などの復元、『伽羅沙(がらしゃ)』などの新作にも意欲を示し、平成を代表する能役者。メトロポリタン美術館ほかで海外能も行う。編著に『五十五世梅若六郎』『梅若能面百姿』。[増田正造]
『梅若六郎(56世)著『梅若六郎能の新世紀(Shotor Library 能楽入門)古典~新作まで』(2002・小学館) ▽梅若六郎(56世)著『まことの花』(2003・世界文化社) ▽梅若紀彰編、増田正造写真『梅若能面百姿』(1985・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の梅若六郎の言及

【梅若実】より

…実父は寛永寺御用達鯨井平左衛門。梅若六郎氏暘(うじあき)の養子となり,1839年(天保10)家督相続,59年(安政6)六郎氏実(うじざね)と名のる。72年(明治5)家督を養子源次郎(のちの観世清之)に譲り,隠居して実と改名。…

【観世流】より

…その後,梅若妙音大夫や梅若玄祥らが出,観世大夫のツレを務めるなどし,織田信長,徳川家康の後援を受け,江戸時代は観世座のツレの家として公認された。維新の際,離京した観世清孝に代わって孤塁を守った梅若六郎(のちの初世梅若実)は,しだいに流勢を挽回し,くろうと・しろうとの門弟にみずから免状を発行するに至った。これは旧来家元の有していた特権を侵したことになる。…

※「梅若六郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梅若六郎の関連キーワード梅若 六郎(55代目)マイヤ プリセツカヤ梅若 実(2代目)梅若万三郎(初代)梅若玄祥(2世)梅若玄祥(2代)梅若 実(初代)梅若実(1世)梅若実(初代)梅若六郎(1)梅若実(2代)梅若六郎(3)井上 基太郎小田切 慶陽手塚 亮太郎平井 俊行佐藤 元章梅若 恭行梅若万三郎2月16日

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梅若六郎の関連情報