植村文楽軒(2代)(読み)うえむら ぶんらくけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植村文楽軒(2代) うえむら-ぶんらくけん

1784-1819 江戸時代後期の人形浄瑠璃(じょうるり)劇場主。
天明4年生まれ。初代植村文楽軒の子。文化7年2代文楽軒をつぎ,翌年,大坂博労(ばくろう)町の難波神社境内に「稲荷の芝居」とよばれる人形浄瑠璃の常設小屋をひらいた。文政2年死去。36歳。名は嘉兵衛。初代の妻テルの甥(おい)貞蔵という説もある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android