コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植村文楽軒(2代) うえむら ぶんらくけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植村文楽軒(2代) うえむら-ぶんらくけん

1784-1819 江戸時代後期の人形浄瑠璃(じょうるり)劇場主。
天明4年生まれ。初代植村文楽軒の子。文化7年2代文楽軒をつぎ,翌年,大坂博労(ばくろう)町の難波神社境内に「稲荷の芝居」とよばれる人形浄瑠璃の常設小屋をひらいた。文政2年死去。36歳。名は嘉兵衛。初代の妻テルの甥(おい)貞蔵という説もある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

植村文楽軒(2代)の関連キーワードバジードー産業革命史(年表)橋本宗吉ティチング唐来参和メリーランド州会議事堂フランクリン邦アトウッド市民劇ツンベルク

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android