コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舞茸 マイタケ

デジタル大辞泉の解説

まい‐たけ〔まひ‐〕【舞×茸】

サルノコシカケ科のキノコ。秋にクリ・ナラなどの大木の根元に生える。茎はよく分岐し、多数の傘が重なり合って大きな塊状となり、表面は灰白色または暗褐色で裏面は白い。美味。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まいたけ【舞茸】

担子菌類ヒダナシタケ目のきのこ。秋、広葉樹の根もとに生える。白い太い茎が繰り返し分枝して、高さ・幅とも20~30センチメートルになる。枝先に上面灰色の扇形またはへら形の傘をつける。歯ざわりがよく、美味。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

舞茸 (マイタケ)

学名:Grifola frondosa
植物。サルノコシカケ科の食用菌,園芸植物

舞茸 (マイタケ)

植物。ヒトヨタケ科の有毒キノコ。ワライタケの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

舞茸の関連キーワードマイタケ(舞茸)愛別きのこ広葉樹上面扇形

舞茸の関連情報