コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茸/蕈/菌 キノコ

デジタル大辞泉の解説

き‐の‐こ【×茸/×蕈/菌】

《「木の子」の意》菌類のうち、顕著な子実体(しじつたい)を形成するもの。大部分は担子菌類に、一部は子嚢(しのう)菌類に属する。ふつう傘状をなし、山野の樹陰や朽ち木などに生じる。食用となるマツタケシイタケシメジなどと、有毒なテングタケツキヨタケなどがある。くさびら。たけ。 秋》「道かはす人の背籠や―にほふ/秋桜子

たけ【×茸】

きのこ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たけ【茸】

〔関西で〕
きのこ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

茸 (キノコ・クサビラ;タケ)

植物。松茸・椎茸・湿地など大型類の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

茸/蕈/菌の関連キーワードウスキサナギタケ(淡黄蛹茸)ヤマブシタケ(山伏茸)マゴジャクシ(孫杓子)テングタケ(天狗茸)マックニーア分類法ニギリタケ(握茸)コウタケ(皮茸)マッシュルーム茸狩り・茸狩キノコバエ愛別きのこ金行幾太郎革茸・皮茸ロクジョウ田代毅軒樹枝状華ポリープ草片・茸冬虫夏草リゾット