コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滑子 ナメコ

デジタル大辞泉の解説

なめ‐こ【滑子】

モエギタケ科のキノコ。秋から冬にかけ、ブナなどの枯れ木に生える。茶色で、全体が粘液に覆われる。人工栽培もされ、色は淡い。味噌汁の具やおろし和えなどにする。 冬》「霧さむき月山―食ひ惜しむ/楸邨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なめこ【滑子】

担子菌類ハラタケ目のきのこ。天然には秋季、ブナの枯れ木・切り株などに群生し、かさの直径は2センチメートルから10センチメートルほど。表面は粘質物でおおわれる。きわめて美味で栽培もされる。味噌汁の具や大根おろしとあえたりして食べる。
榎茸えのきたけのこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

滑子 (ナメコ)

学名:Pholiota nameko
植物。モエギタケ科のキノコ,園芸植物

滑子 (ナメコ)

植物。キシメジ科の食用菌,園芸植物。エノキタケの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

滑子の関連キーワードカーソル計算尺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android