木耳(読み)キクラゲ

デジタル大辞泉の解説

き‐くらげ【木耳】

担子菌類キクラゲ科のキノコ。ニワトコ枯れ木に群生。形が人の耳に似て、茶色で寒天質。乾燥すると縮み、軟骨質になる。主に中華料理に用いる。きのみみ。 夏》「―や母の遺せし裁鋏(たちばさみ)/不死男
1に形が似るところから》人の耳。
「其所見を著者の―に聞かしめたまわば」〈逍遥小説神髄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きくらげ【木耳】

担子菌類キクラゲ目のきのこ。ブナなどの枯れ木に群生する。径約5センチメートルの不規則な耳形で、暗褐色。ゼラチン質で、乾燥すると堅い軟骨質になる。近縁のアラゲキクラゲとともに食用とする。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

木耳 (キクラゲ)

学名:Auricularia auricula
植物。キクラゲ科のキノコ,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐くらげ【木耳】

〘名〙
① 担子菌類キクラゲ科のきのこ。夏から秋にかけて山地の広葉樹の倒や枯木に群生する。体は人の耳状で波状に屈曲し、直径三~五センチメートルになり、外面は淡褐色で微細毛が生えるが平滑に見える。肉は寒天質でやわらかいが、乾燥すれば軟骨質となる。食用になり、特に中国料理でよく使われる。シロキクラゲやアラゲキクラゲなどがある。みみたけ。《季・夏》 〔日葡辞書(1603‐04)〕
② (①と形が似ているところから) 耳をいう。
雑俳・二柱(1743頃)「木耳を積んで日本の置膾」

き‐の‐みみ【木耳】

〘名〙 きのこ「きくらげ(木耳)」の異名。〔十巻本和名抄(934頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木耳の関連情報