コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠山正雄 くすやままさお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楠山正雄
くすやままさお

[生]1884.11.4. 東京
[没]1950.11.26. 東京
児童文学者,演劇評論家。 1906年早稲田大学英文科卒業。早稲田文学社に入り,島村抱月指導のもとで『文芸百科全書』 (1909) を編集。 13年抱月の芸術座に入り翻訳や脚色にあたったが,抱月の死後は画家岡本帰一と協力して 15年から『模範家庭文庫』 (24巻) を編集,同文庫に『イソップ物語』 (16) ,『世界童話宝玉集』 (19) ,『日本童話宝玉集』 (21~22) その他を続々と発表して児童図書に新紀元を画した。日本童話作家協会の創立 (26) にも尽力,冨山房の『日本家庭大百科事彙』 (31) ,『国民百科大辞典』 (38) を編集,早稲田大学で近代劇を講じるなど,地味ではあるが多方面に活躍した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くすやま‐まさお〔‐まさを〕【楠山正雄】

[1884~1950]演劇評論家・児童文学者。東京の生まれ。近代劇の翻訳、内外の童話・神話を紹介した。著「日本童話宝玉集」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

楠山正雄【くすやままさお】

児童文学者,演劇評論家。東京生れ。早大英文科卒。早稲田文学社を経て冨山房に入社,《国民百科大辞典》などを編集。かたわら戯曲の翻訳や創作,演劇評論,児童文学の翻訳,創作にも活躍,また母校で西洋演劇史や近代劇を講じた。
→関連項目芸術座

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠山正雄 くすやま-まさお

1884-1950 明治-昭和時代の演劇評論家,児童文学者。
明治17年11月4日生まれ。はじめ劇評でみとめられる。大正2年島村抱月の芸術座にはいり,ツルゲーネフその前夜」,ハウプトマン「沈鐘」などを翻訳・脚色。また冨山房で児童文学の編集・翻訳にあたった。昭和25年11月26日死去。66歳。東京出身。早大卒。著作に「近代劇十二講」「世界童話宝玉集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くすやままさお【楠山正雄】

1884~1950) 演劇評論家・児童文学者。東京生まれ。早大卒。劇評・翻訳・脚色などに広く活躍。かたわら、内外の児童文学の集成に努めた。著「近代劇十二講」「日本童話宝玉集」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楠山正雄
くすやままさお
(1884―1950)

児童文学の翻訳家、作家、演劇研究者。東京・銀座の生まれ。早稲田(わせだ)大学英文科卒業。初め早稲田文学社、読売新聞、冨山房(ふざんぼう)の編集に携わった。冨山房発行の『模範家庭文庫』全23冊(1916~32)には、自らも『アラビアン・ナイト』『イソップ物語』、外国名作童話、日本の伝説や昔話の翻訳、再話を手がけ、児童図書の画期的な発展に寄与した。のち『赤い鳥』(1918創刊)、『童話』(1920創刊)、『金の星』(1922年『金の船』を改題)など、大正期の代表的な童話雑誌に多くの翻訳、再話を発表した。また、島村抱月の芸術座に加わり、演劇批評や戯曲の翻訳に活躍した。主著に『世界童話宝玉集』(1919)がある。[岡田純也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の楠山正雄の言及

【絵本】より

…この《日本一ノ画噺》や鹿島鳴秋の《オハナシ》5冊(1913)を出した中西屋がそのころの良質の絵本出版を代表する。 ついで大正中期に模範家庭文庫を出した冨山房で,楠山正雄の《画(え)とお話の本》3冊(1925‐26)を出したが,その画家たちは,大正中期に輩出した絵雑誌のプールに負っている。1914年に《子供之友》,21年に《コドモノクニ》,23年に《コドモアサヒ》が出て,岡本帰一,清水良雄,武井武雄,川上四郎,初山滋,村山知義,本田庄太郎たちがそれらによって活躍した。…

※「楠山正雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

楠山正雄の関連キーワードキモトリプシン岡山県の要覧スベルドラップ(Johan Sverdrup)劉邦平成の大合併劉邦岡山(県)高祖馬王堆漢墓マラソンレース

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

楠山正雄の関連情報