コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠本イネ くすもとイネ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楠本イネ
くすもとイネ

[生]文政10(1827).5.6. 長崎
[没]1903.8.26. 東京
女医で P.シーボルトの娘。失本 (しいもと) ともいう。 19歳で伊予に行き,二宮敬作に外科を学び,弘化2 (1845) 年,岡山で石井宗謙産科を学ぶ。嘉永5 (1853) 年,石井との間のタカを出産。同4年から安政1 (1854) 年まで長崎で阿部魯庵に産科,外科を学び,同年宇和島に行って二宮および村田蔵六 (大村益次郎) に蘭学および産科を学ぶ。文久1 (1861) 年,シーボルトの再来日のため長崎に戻って開業のかたわら,長崎養生所の J. L. C.ポンペなど歴代のオランダ人教師の講義を受け,明治3 (1870) 年上京。 1877年まで築地で産科を開業。 1873年,権典侍葉室光子の懐妊の際,宮内省御用掛に任命されてその出産を扱った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

楠本イネ

没年:明治36.8.26(1903)
生年:文政10(1827)
明治初期,日本最初の洋方産科女医。出島のオランダ商館医シーボルトと楠本タキの長女。戸籍では楠本新兵衛の長女。実父シーボルトの依頼で門人高良斎,二宮敬作,石井宗謙らに育てられ,長崎養生所雇教師ポンペ,ボードイン,マンスフェルトにも学ぶ。明治3(1870)年長崎銅座町55番戸に開業。12年後上京し,宮中産科医となる。父シーボルトの開いた鳴滝塾の塾舎は,明治7年に台風で破損し,その20年後にイネが解体,跡地は売却されていたが,イネはこれを再購入し楠本家の永代所有を企図した。大正11(1922)年,同地は国指定の史蹟となった。なお,イネは一時,父の姓に漢字を当て矢本稲と名乗っている。<参考文献>呉秀王『シーボルト先生その生涯及び功業

(中西啓)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

くすもといね【楠本イネ】

1827~1903) 産科医。長崎の人。シーボルトの娘。父の弟子について医学を学び、産科医として長崎、のち東京で開業。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

楠本イネの関連キーワード宇和先哲記念館5月6日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android