コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠本イネ くすもとイネ

3件 の用語解説(楠本イネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楠本イネ
くすもとイネ

[生]文政10(1827).5.6. 長崎
[没]1903.8.26. 東京
女医で P.シーボルトの娘。失本 (しいもと) ともいう。 19歳で伊予に行き,二宮敬作に外科を学び,弘化2 (1845) 年,岡山で石井宗謙に産科を学ぶ。嘉永5 (1853) 年,石井との間のタカを出産。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

楠本イネ

没年:明治36.8.26(1903)
生年:文政10(1827)
明治初期,日本最初の洋方産科女医。出島のオランダ商館シーボルトと楠本タキの長女。戸籍では楠本新兵衛の長女。実父シーボルトの依頼で門人高良斎,二宮敬作,石井宗謙らに育てられ,長崎養生所雇教師ポンペ,ボードイン,マンスフェルトにも学ぶ。明治3(1870)年長崎銅座町55番戸に開業。12年後上京し,宮中産科医となる。父シーボルトの開いた鳴滝塾の塾舎は,明治7年に台風で破損し,その20年後にイネが解体,跡地は売却されていたが,イネはこれを再購入し楠本家の永代所有を企図した。大正11(1922)年,同地は国指定の史蹟となった。なお,イネは一時,父の姓に漢字を当て矢本稲と名乗っている。<参考文献>呉秀王『シーボルト先生その生涯及び功業』

(中西啓)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くすもといね【楠本イネ】

1827~1903) 産科医。長崎の人。シーボルトの娘。父の弟子について医学を学び、産科医として長崎、のち東京で開業。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楠本イネの関連キーワード上野彦馬観音崎議官グラバー邸女医天狗タバコ曽我廼家観音埼灯台福井繁子四時川

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

楠本イネの関連情報