コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽器博物館 がっきはくぶつかん

1件 の用語解説(楽器博物館の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

がっきはくぶつかん【楽器博物館】

楽器を展示する専門的博物館。音楽史的に重要な役割を果たした楽器を展示するものが主だが,鍵盤楽器自動楽器また民俗楽器など範囲をしぼったものもある。さまざまな楽器を包括的に整え市民の教養にこたえる教育的なものから,歴史的楽器を中核として楽器学の研究のためのものもあり,後者が最も今日的な形といえよう。これは20世紀に入って古楽の価値が再認識され,また民俗音楽に光があてられたことによって楽器の重要性が認識され,楽器に関する歴史的研究という新しい学問が進んできたことと無関係ではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

楽器博物館の関連キーワード科学博物館国立歴史民俗博物館奈良国立博物館九州国立博物館エーベルトフトコパンルイナス博物館島Φηράミッドウィルシャー新県立博物館

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

楽器博物館の関連情報