コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽阿弥 ラクアミ

3件 の用語解説(楽阿弥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

らく‐あみ【楽×弥】

安楽に暮らす人を人名のように表した語。楽助(らくすけ)。
「十徳にさまかへて昔は男山、今こそ―と」〈浮・一代男・三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

らくあみ【楽阿弥】

狂言の曲名。舞狂言。大蔵,和泉両流にある。伊勢参詣(さんけい)の旅僧が,伊勢の国,別保(べつぽう)の松原に着くと,1本の松に尺八が数多くかけられているのを見る。所の者にいわれを尋ねると,昔ここに住んでいた楽阿弥陀仏という尺八吹きが尺八の吹き死にをして,今日はその命日にあたるので,あのように尺八を手向けるのだと語り,僧にも供養を勧める。そこで,僧も懐から尺八を取り出して奏しはじめると,〈尺八の,あら面白の音色やな,おぬしを見れば双調切(そうぢようぎり)なり〉と謡いながら,楽阿弥の幽霊が現れ,尺八の功徳を説く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

らくあみ【楽阿弥】

〔「阿弥」は僧・仏工・絵師などの名の下につけた号〕
気楽に暮らすこと。また、その人。 「今こそ-と…たのしみを極め/浮世草子・一代男 3

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楽阿弥の関連キーワード釣狐福の神舞狂言墨塗唐相撲鍋八撥文相撲箕被雑狂言七つ子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone