コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

概日リズム睡眠障害(睡眠‐覚醒スケジュール障害) がいにちりずむすいみんしょうがいすいみんかくせいすけじゅーるしょうがい Circadian Rhythm Sleep Disorders

1件 の用語解説(概日リズム睡眠障害(睡眠‐覚醒スケジュール障害)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

がいにちりずむすいみんしょうがいすいみんかくせいすけじゅーるしょうがい【概日リズム睡眠障害(睡眠‐覚醒スケジュール障害) Circadian Rhythm Sleep Disorders】

[どんな病気か]
 睡眠覚醒障害(すいみんかくせいしょうがい)(コラム睡眠覚醒障害」)の1つであり、睡眠の時間帯がずれる、あるいは睡眠と覚醒のリズムが乱れるものです。
[症状]
 交代勤務睡眠障害(こうたいきんむすいみんしょうがい)では、夜勤中に眠けが生じ、夜勤後、日中の睡眠が十分にとれません。
 時差(じさ)(ジェットラグ症候群(しょうこうぐん)、いわゆる時差ぼけでは、夜間の不眠、日中の眠けが生じます。
 睡眠相後退(すいみんそうこうたい)(遅延(ちえん))症候群(しょうこうぐん)は、睡眠の時間帯が遅いほうへ後退して固定されるもので、毎日深夜遅くに入眠し、遅い時刻に起きます。この場合、朝の定時に登校や出勤ができないため、社会的不適応が生じやすくなります。
 睡眠相前進症候群(すいみんそうぜんしんしょうこうぐん)では、睡眠相が早いほうへ前進して固定され、夕方近くに寝て、深夜に目覚めるパターンが生じます。
 非24時間睡眠(ひにじゅうよじかんすいみん)‐覚醒症候群(かくせいしょうこうぐん)では、約25時間周期の睡眠‐覚醒周期が生ずるため、入眠時刻、覚醒時刻が毎日約1時間ずつ遅れていきます。
 不規則型睡眠(ふきそくがたすいみん)‐覚醒(かくせい)パターンは、睡眠と覚醒のリズムが周期性を失い、不規則になるものです。
[原因]
 人の脳には固有の体内時計があり、そのリズムは通常24時間周期の外界変化に同調した日内変動(にちないへんどう)、概日リズムサーカディアンリズム) を示します。ところが、交代勤務やジェット機による時差の場合、外界の24時間周期と体内時計の概日リズムがずれ、その結果、概日リズム睡眠障害が生じます。
 睡眠相後退症候群、睡眠相前進症候群、非24時間睡眠‐覚醒症候群、不規則型睡眠‐覚醒パターンの場合は、脳内の体内時計自体の変調が原因と考えられています。
[検査]
 睡眠‐覚醒スケジュールや異常行動などを記録する睡眠日誌、長時間の活動量を記録するアクチグラム、深部体温リズム測定、脳内のホルモンであるメラトニンの分泌(ぶんぴつ)リズム測定などを行ない、睡眠‐覚醒パターンやその周期性を求めます。
[治療]
 朝の光刺激には、外界の24時間周期に体内時計を同調させる作用があります。
 また、ビタミン12には、光に対する感受性を増加させる作用があると考えられています。
 そこで、眠け防止、覚醒維持のために、日光浴、高照度の光を照射する光療法、ビタミンB12療法を行ないます。また、睡眠を促すためには、遮光(しゃこう)や遮音(しゃおん)、短時間作用型ベンゾジアゼピン系睡眠薬やメラトニン(コラム「メラトニン」)の服用が行なわれます。時間療法は、入眠時刻を毎日少しずつずらせ、望ましい時間帯に睡眠を固定するもので、睡眠相後退症候群や睡眠相前進症候群に用いられます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

概日リズム睡眠障害(睡眠‐覚醒スケジュール障害)の関連キーワード睡眠障害ナルコレプシー睡眠療法何心地ノンレム睡眠不眠症REM睡眠逆説睡眠徐波睡眠パラ睡眠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone