コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標津[町] しべつ

世界大百科事典 第2版の解説

しべつ【標津[町]】

北海道東部,根室支庁標津郡の町。人口7087(1995)。根室海峡に面し,町域には根釧(こんせん)台地,斜里岳(1545m)南東斜面などの山地を含み,標津川,ポー川などの下流域には低湿地があり,日本最大の砂嘴,野付(のつけ)半島が延びている。標津川河口は早くから船着場として利用され,1879年戸長役場が置かれた。薫別,標津の漁港があり,サケ,マスをはじめとする漁業が中心産業で,町内8河川に孵化場が置かれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android