標準報酬制・総報酬制(読み)ひょうじゅんほうしゅうせいそうほうしゅうせい

世界大百科事典 第2版の解説

雇用労働者を適用対象とする社会保険の保険料は,被保険者たる雇用労働者が,給与俸給賃金等の名称いかんにかかわらず労働の対価として得られた報酬(労基法の賃金に相当)に保険料率を乗じて算出され徴収されるが,被乗数には標準報酬制をとるものと総報酬制をとるものとがある。前者は,標準的な報酬(賞与を除き,毎月一定の日に支給される賃金)月額定め,被保険者の報酬をいずれかの等級(健康保険では,1997年3月現在30等級)に分類,格付けし,標準報酬月額に保険料率を乗じて保険料を算出し徴収する方式である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android