コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

権利落ち ケンリオチ

デジタル大辞泉の解説

けんり‐おち【権利落ち】

所定の期日(割り当て日)が過ぎて、旧株に割り当てられる新株や別会社の株式などの取得権利がなくなること。→権利付き

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

権利落ち【けんりおち】

増資による新株や子会社株式の割当てを受ける資格を権利というが,この割当権利を受けてしまった後の状態または株価を権利落ちという。新株落ちとも。権利分に相当する金額だけ株価が低落するのが普通である。
→関連項目新株ダウ式平均株価

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けんりおち【権利落ち】

増資による新株式や子会社株式の割当ての権利,あるいは配当,株主優待権(〈株主〉の項参照)などを受け取る権利がなくなった状態をいう。このうち新株式引受けの権利がなくなった場合は,とくに〈新株権利落ち〉〈新株落ち〉あるいは〈増資権利落ち〉とも呼ばれる。また配当を受け取る権利がなくなった場合は〈配当落ち〉とも呼ばれ,狭義の権利落ちには含めない。子会社株式,優待権などを引き受ける権利がなくなっても,株価は影響を受けないが,新株落ちおよび配当落ちの場合,理論上,株価は影響を受けて下落する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けんりおち【権利落ち】

ある期日(割り当て日)以後、旧株に割り当てられていた新株または子会社株の取得権利がなくなること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

権利落ち
けんりおち

株式会社が増資する際に、旧株式に割り当てられる新株式あるいは別会社の株式などの引受の権利がなくなった状態をいう。増資新株の引受権がなくなった場合は、とくに新株落ちとよばれる。権利落ち日を決定するには、配当落ちの決定と同じく、普通取引では一般に割当て日の4日前となる。権利付きの最終日は権利落ち日の前日である。権利落ちの株価はそのときの株式のプレミアムに見合って下落する。なお、広義には配当落ち(配当受領権のなくなった状態)を含めていう場合がある。[桶田 篤]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の権利落ちの言及

【新株発行】より

…したがって,割当日(実際には受渡期間を計算に入れて普通取引ではその4日前)を過ぎると,旧株の市価は新株のプレミアム分だけ安くなる。これを権利落ちまたは新株落ちという。これに対して,株式譲渡を制限している会社では,株主は原則として,法律上当然に新株引受権を有する(商法280条ノ5ノ2)。…

※「権利落ち」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

権利落ちの関連キーワード権利落相場/権利付相場権利落ち/新株落ち生まれ値・生れ値ダウ平均株価修正平均株価単純平均株価平均株価修正株価株価指数裸利回り

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android