コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

権力関係 けんりょくかんけい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

権力関係
けんりょくかんけい

行政上の法律関係 (→行政法 ) のうち,国または公共団体私人に対して優越的な意思の主体として行う公権力行政に関するものをいう。支配関係ともいい,非権力関係に対比される。権力関係においては,たとえば建築基準法に基づく違反建築物の是正命令,営業規制のための諸法律に基づく営業の許可,土地収用法に基づく権利取得裁決などのように国や公共団体が私人に対して一方的に命令し,または一方的に法律関係を形成することが認められる。このような権力関係を形成する公権力の行使は法律に基づかなければならない。また,私人がそのような公権力の行使を争うには抗告訴訟の手続によらねばならず,これらの行為が正式な手続により取消されるまでは,なんぴとに対しても一応拘束力あることを要求する力 (→公定力 ) が認められる場合がある。さらに,私人の側の義務不履行に対して行政上の強制執行が認められる場合もある。ところで,権力関係に対して,明文の法規定がない場合私法規定が適用されるかどうかの問題について,従来は,民法の信義誠実の原則や権利濫用の禁止規定および期間や時効の定めを除いては否定されてきたが,近年では権力関係と非権力関係とを問わず,それぞれの法律関係の具体的性質と機能に即して判断すべきだとする見解が有力となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けんりょく‐かんけい〔‐クワンケイ〕【権力関係】

権力の行使による、支配と服従との関係。特に、行政主体である国や公共団体に、私人に対する法的優越性が認められる関係。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けんりょくかんけい【権力関係】

権力が行使される時の、支配と服従との関係。特に行政上、国または公共団体が私人に対して持つ優越的法律関係。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

権力関係の関連キーワードマイヤー(Otto Mayer)ラディカル・エコノミックスコミュニケーション的行為ポスト・コロニアリズム社会学的国家論地球的問題群特別権力関係一般権力関係世界システム権力の科学地球的問題政治社会学シャーシャ行政規則集団発達国際政治行政主体マイヤー政治権力保護観察

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

権力関係の関連情報