コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横川吸虫症 よこがわきゅうちゅうしょうmetagonimiasis yokogawai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横川吸虫症
よこがわきゅうちゅうしょう
metagonimiasis yokogawai

横川吸虫の第2中間宿主である淡水魚生食し,幼虫が人体の腸管に寄生した場合に起る。幼虫はヒトの体内に入ってから約1週間後に成虫になる。少数の寄生では症状はない。多数が寄生した場合,小児では腹痛,下痢が激しく,成人でも頑固な下痢,食欲不振,腹痛があるし,発熱,肝腫を伴うこともある。淡水魚の生食を避け,四塩化エチレン,チモールカマラ,ビチオールで駆虫する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

横川吸虫症

 横川吸虫の感染によって起こる症状.腹痛,下痢,発熱,肝腫大などがみられる.アユウグイなどの生食により感染する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

家庭医学館の解説

よこがわきゅうちゅうしょう【横川吸虫症 Metagonimiosis】

[どんな病気か]
 アユ、ウグイなどの川魚を生(なま)で食べ、横川吸虫の幼虫(被嚢幼虫(ひのうようちゅう))を摂取することで感染します。現在も日本では多くみられます。
[症状]
 ふつうは無症状ですが、多数が寄生すると腹痛、下痢(げり)、粘血便(ねんけつべん)がみられます。
[検査と診断]
 遠心沈澱法(えんしんちんでんほう)による糞便(ふんべん)検査を行ない、虫卵(ちゅうらん)が検出されれば診断がつきます。虫卵が小さいため、検査は注意深く行なわれます。
[治療]
 治療としては、プラジカンテルを1日内服することで、治ります。
[予防]
 川魚の生食をしないことです。とくにアユのたたきやぶつ切り三杯酢などは危険です。

出典 小学館家庭医学館について 情報

横川吸虫症の関連キーワード寄生虫病の最近の動向

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android