コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樺島 かばしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

樺島
かばしま

長崎県南部,長崎半島南端の沖合いにある島。長崎市に属する。江戸時代は西海航路の風待ち港として栄えた。漁業の島で,1955年頃までにイワシ揚繰網漁の全盛期を迎え,以降は小型巻網漁に代わり,カタクチイワシの煮干し加工が中心となった。からすみは特産品。国の天然記念物であるオオウナギ生息地がある。野母半島県立自然公園に属する。面積 2.2km2。人口 928 (1996) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かば‐しま【樺島】

長崎県南部、長崎半島の最先端にある島。長崎市に属する。面積2.4平方キロメートル、周囲7.5キロメートル。最高点は南端行者(ぎょうじゃ)山(標高130メートル)。昭和61年(1986)、対岸の脇岬との間に樺島大橋が架けられ、陸路行き来が可能になった。オオウナギが生息し、国の天然記念物に指定されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

樺島
かばしま

長崎県長崎半島の南端、脇(わき)岬に樺島水道を隔てて浮かぶ島。長崎市に属する。1986年(昭和61)樺島大橋が架橋され、中ノ島経由で脇岬と結ばれた。面積2.36平方キロメートル。かつて樺島村を形成していた。島の北部に湾入があり、この樺島港両岸に古(ふる)町、新町の漁港がある。同港は古来北九州と南九州を結ぶ西海(さいかい)の交通上の要地で、明治・大正時代は三池(みいけ)炭田の石炭を瀬戸内海方面へ輸送する船舶の寄港地であったが、輸送方法の変化に伴い港町としての機能は衰え、水産加工を伴う漁村となった。島の南端の海食崖(がい)上には樺島灯台があり、付近には絶好の釣り場がある。また、体長が2メートル近いオオウナギが生息する古井戸があり、「オオウナギ生息地」として国の天然記念物に指定されている。人口834(2000)。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の樺島の言及

【長崎半島】より

…また祇園山を連結した北西からのびる砂州の磯には,通常は熱帯,亜熱帯のサンゴ礁の海岸に発達するビーチロックが形成されている。祇園山の沖,約500mのところに浮かぶ樺島は架橋によって結ばれている。権現山には異国船の往来を監視する遠見番所跡がある。…

※「樺島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

樺島の関連キーワード敵中横断三百里野母崎[町]左右田尉九郎10月7日7月21日長崎(市)少年倶楽部4月22日尾崎 喜久正ちゃん帽樺島 礼吉樺島勝一樺島石梁尾崎紅葉山村蘇門田代毅軒織田信恒尾崎喜久山川東林正チャン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

樺島の関連情報