鏡の間(読み)かがみのま

デジタル大辞泉の解説

かがみ‐の‐ま【鏡の間】

能舞台で、橋懸かりの奥の揚げ幕のすぐ内にある板敷きの部屋。姿見を置き、役者は登場直前にここで面(おもて)をつけ、気を統一する。
江戸時代、歌舞伎舞台で大臣柱と大臣柱の間の本舞台になるところ。
四方に鏡を張りめぐらしてある部屋。
鏡の回廊

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鏡の間【かがみのま】

能舞台の一部。楽屋と舞台(橋掛り)の中間にある板張りの部屋で,両方の機能を果たす。姿見の大鏡がある。ここで扮装(ふんそう)の最後に能面をかけたシテは,精神を統一し,揚幕をあげさせて橋掛りへ出る。また,囃子方は舞台に出る前にここで〈お調べ〉と称する短い曲を演奏する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かがみのま【鏡の間】

能舞台の一部。橋掛りの突き当り,揚幕の奥,楽屋とのあいだに位置する板敷きの部屋。大きな姿見の鏡が備えつけてあり,諸役は楽屋で装束を付け終えると鏡の間の鏡に向かい,姿をととのえ,心をしずめて登場を待つ。とくにシテは鏡の前で床几にかけ,ここで面(おもて)をつける。お調べと称し,囃子方が出演前に一定の奏法で音色の調子を合わせるのも鏡の間で行う。また,《》上演の前には,鏡の間に祭壇を設け,いわゆる翁飾りをしつらえ,全役が集まり,お調べのあと杯事(さかずきごと)を行う。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かがみのま【鏡の間】

能舞台の楽屋から橋懸かりへ通じる途中にある板張りの部屋。大きな姿見の鏡があり、楽屋で扮装を整えた出演者がここで面をかけ、精神を統一する。 → 能舞台
初期の歌舞伎舞台で、大臣柱のあるところ。
四方の壁に鏡を張りめぐらしてある部屋。特に、ベルサイユ宮殿のその部屋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かがみ【鏡】 の 間(ま)

能楽の舞台で、楽屋から橋懸りに出る揚幕(あげまく)の内にある部屋。常に姿見鏡を掛けてあるのでいう。役者は登場直前にここで装束を映したり、面(おもて)をつける。幕際。→能舞台
雑俳柳多留‐八四(1825)「天下一四座相つめる鏡の間」
江戸時代、劇場で、大臣柱(だいじんばしら)と大臣柱の間、すなわち本舞台に相当する所。〔戯場訓蒙図彙(1803)〕
③ 四方に鏡を張りめぐらしてある部屋。ベルサイユ宮殿のものは名高い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鏡の間の言及

【能舞台】より

…地謡座の奥にある貴人口(きにんぐち)と正面の白洲梯子(しらすばしご)は現在の演能では使用しない。揚幕の奥は鏡の間と呼ぶ板の間で,大きな鏡が据えてある。楽屋で扮装を終わった演者は,この鏡の前で能面をつけ,姿を整えて出を待つ。…

※「鏡の間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鏡の間の関連情報