コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘御薗 たちばなのみその

1件 の用語解説(橘御薗の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

橘御薗【たちばなのみその】

摂津国川辺郡にあった摂関家領御薗。猪名(いな)川・神崎川流域一帯,兵庫県尼崎市や伊丹市など広域にわたって散在した。柑橘の実を貢納する果実園が荘園化していったと考えられ,《康平記》の1062年の記事によると,関白藤原頼通の春日詣の際に供奉人の弁当(裹飯(つつみいい))を負担している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

橘御薗の関連キーワード神崎摂関家摂津職文殿猪名野御所侍年預上村基宗藤原能盛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone