コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫛引八幡宮 くしびきはちまんぐう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

櫛引八幡宮
くしびきはちまんぐう

青森県八戸市にある神社。盛岡藩の総鎮守で南部一宮。旧郷社。祭神応神天皇で,単に八幡宮とも称する。源氏系の南部光行によって承久2 (1220) 年甲斐国より移され,南部氏が代々信仰し,社領千三十余石をもっていたという。南部氏の寄贈による多数の宝物を所蔵し,甲冑の傑作といわれる長慶天皇御料の赤糸威鎧 (あかいとおどしよろい) と後村上天皇より拝領の白糸威褄取鎧は国宝に指定されている。本殿は慶安年間の創建といわれ,旧拝殿とともに重要文化財

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

櫛引八幡宮【くしびきはちまんぐう】

青森県八戸市八幡に鎮座。旧郷社。誉田別(ほむたわけ)命(応神天皇)などをまつる。鎌倉初期領主南部氏が鎮祭したという。例祭旧4月15日と旧8月15日。社蔵の金物装飾の豪華な赤糸威鎧(おどしよろい)(鎌倉末期),形姿・意匠の端整な白糸威褄取(つまとり)鎧(南北朝)はいずれも南部氏奉納のもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

櫛引八幡宮

青森県八戸市にある神社。創祀不明。祭神は八幡大神。本殿は国の重要文化財に指定。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

櫛引八幡宮
くしびきはちまんぐう

青森県八戸(はちのへ)市八幡(やわた)に鎮座。誉田別尊(ほんだわけのみこと)(応神(おうじん)天皇)を祀(まつ)る。社伝によれば、1166年(仁安1)加賀美次郎遠光(かがよしじろうとおみつ)が甲斐(かい)国南部荘(しょう)(山梨県南巨摩(みなみこま)郡南部町)に八幡宮を勧請(かんじょう)、1191年(建久2)陸奥(むつ)国滝沢村(青森県十和田市滝沢)に、1222年(貞応1)に櫛引村(現在地)に遷座し、以降櫛引八幡宮と称するに至ったという。1648年(慶安1)以降、明治初期まで、盛岡藩主南部家により20年ごとに社殿の修復が加えられてきた。1871年(明治4)郷社となる。例祭は9月15日。社宝に赤糸威鎧(あかいとおどしよろい)(鎌倉時代)、白糸威褄取(つまどり)鎧(南北朝時代)の国宝2領ほか、国重要文化財の甲冑(かっちゅう)類などを蔵する。[落合偉洲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

櫛引八幡宮の関連キーワード日本のおもな郷土玩具青森県八戸市八幡青森県八戸市八戸(市)八幡馬大鎧脇楯

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android