欠字・闕字(読み)けつじ

大辞林 第三版の解説

けつじ【欠字・闕字】

文章中で、あるべき文字が脱落していること。また、その文字。欠け字。
律令で定められた公文書の書式の規定の一。天皇・貴人に関係した称号や言葉の上に、敬意を表すため一字または二字分の余白をあけること。欠如。擡頭たいとう。平出へいしゆつ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けつ‐じ【欠字・闕字】

〘名〙
① 文章、語句の中にあるべき文字の欠けていること。また、その文字。脱字
※前田家本土左日記奥書(1235)「其書様和歌非別行。定行に書之。聊有闕字
② 公式令で定められた書式の一つ。文章の中に、帝王または高貴な人の称号などが出た時、敬意を表して、その上を一字分もしくは二字分ほどあけておくこと。ほかに、他の行よりも高く出す形式を台頭(たいとう)、他の行と同じ高さに改行する形式を平出(へいしゅつ)という。欠如。〔令義解(718)〕
[語誌](②について) (1)「台頭」「平出」と共に唐の制度から学んで大宝令に取り入れたもの。台頭は上奏文などに用いるが、日本ではそれ以外あまり見られない。平出は令の規定以来公式に行なわれたが、闕字が最も一般的。
(2)闕字は台頭・平出より少し軽く、平安時代以降も永く用いられたが、その用法は必ずしも厳密ではない。しかし、天皇・院・三后などの皇族には中・近世に至るまで本来の形で存続し、明治以降天皇制のもとで復活重用されるようになる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android