正味・正身(読み)しょうみ

  • しょうみ シャウ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 皮、滓(かす)、屑など付属している部分や、装飾の部分を除いた真実の内容。本当の中身。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※地方官会議日誌‐八・明治八年(1875)六月二九日「全案中正味甚少し。殆と無益に属するか如し」
② 本当のもの。本物。正物(しょうぶつ)。現物。また、裏面にかくされた真実。本当のところ。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)一「各かわった我好(このみ)々を云ほどにどれが正味ぞしらぬぞ」
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)中「正味で借った銭ではなし、数斗の勝負づく」
③ 実際の数。うそやごまかしのない真実の数量や目方。
※菊宛一茶書簡‐文化一四年(1817)三月三日「当月中ごろより、そろそろ上総の方に可参候へども、正味四月一月(ひとつき)にて」
※女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉五「管糸出来高の正味量目に対して賃金を支払ふ工場がある」
④ 特に、掛値なしの値段。正価。また、仕入値段。
※小津桂窓宛馬琴書簡‐天保三年(1832)一二月八日「われら商人ならねば、板元より正味何程に候と申候へば、その通りにいたし、代銀遣し候」
⑤ 風袋(ふうたい)の重さを除いた、商品だけの重さ。〔俚言集覧(1797頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android