コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正智院 しょうちいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正智院
しょうちいん

和歌山県高野町にある高野山真言宗の別格本山。本尊は阿弥陀三尊。正智房教覚が開山,本覚房道範が中興,平等房懐賢が開基とされている。古代から中世,近世を通じて多くの学僧を輩出。唐代の『文館詞林残巻』 (12巻) が国宝に指定されているほか,奈良時代の『仏頂尊勝陀羅尼経』 (1巻) ,唐代の『銅五鈷鈴』,平安中期の木造『不動明王坐像』,鎌倉時代の木造『毘沙門天立像』などの重要文化財を伝える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

正智院の関連キーワード高野山文書登録記念物信範法性

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android