正法寺古墳(読み)しょうぼうじこふん

国指定史跡ガイド「正法寺古墳」の解説

しょうぼうじこふん【正法寺古墳】


愛知県西尾市吉良(きら)町にある古墳三河湾に注ぐ矢作(やはぎ)川河口部に細く張り出した丘陵先端の頂部に位置する、全長89mの前方後円墳。前方部は幅55m、高さ6m、後円部は径62m、高さ8m、三河で2番目、西三河地方では最大規模の古墳である。正法寺の裏山にあることから、正法寺古墳と呼ばれている。丘陵の尾根西方に突き出た自然の地形を利用し、その上にさらに盛り土をし、3段築成の墳丘上にこの付近の自然石の割り石で葺石(ふきいし)を敷いて、2列の円筒埴輪(はにわ)をめぐらせていた。家などの形象埴輪も出土しており、整った形とその規模から、5世紀の造営と考えられている。1936年(昭和11)に国の史跡指定され、2004年(平成16)に追加指定を受けた。現在は、古墳公園として整備されている。名鉄西尾線ほか吉良吉田駅から車で約5分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

精選版 日本国語大辞典「正法寺古墳」の解説

しょうぼうじ‐こふん シャウボフ‥【正法寺古墳】

愛知県幡豆(はず)郡吉良町にある前方後円墳。五世紀代、に関係する社会集団により営造されたと推定される。昭和一一年(一九三六)国の史跡に指定。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android