コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武韋の禍 ぶいのかWu-wei zhi huo; Wu-weichih huo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武韋の禍
ぶいのか
Wu-wei zhi huo; Wu-weichih huo

中国,唐朝で武后,韋后が政権をほしいままにしたことを呼んだ語。高宗皇后武氏 (→則天武后 ) は巧みな人材登用と強力な弾圧で権力を握り,7世紀後半から約半世紀の間,中国を支配し,ついにみずから周朝 (690~705) を建てた。武后の死後,が再興したが,中宗の皇后韋氏も政治に口を出し,中宗を殺した (710) 。しかし李隆基 (→玄宗) のクーデターにあって殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶい‐の‐か〔ブヰ‐クワ〕【武×韋の禍】

中国の唐代、高宗の皇后の則天武后中宗の皇后の韋后が、一時的に政権を奪って政治の混乱を招いた事件。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶいのか【武韋の禍】

中国、唐の高宗の皇后武氏(則天武后)と中宗の皇后韋氏が、政権を奪って唐の政治を混乱させた事件。唐の女禍。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武韋の禍
ぶいのか

中国、唐の第3代皇帝高宗の皇后武氏(則天武后)と、次の中宗の皇后韋氏とが、権力を握って政治を乱した事件。2代続けて女性が政治に関与した事件として、唐代の女禍の最たるものとして知られる。武氏は才略に富んで野心があり、皇后のときから病弱な高宗にかわって権力を振るった。683年高宗の没後に即位した中宗を翌年に廃し、睿宗(えいそう)をたてて実権を握った。690年睿宗を廃して自ら皇帝となり、国号を周と改めた。武后は性残忍で政敵を弾圧したが、諫言(かんげん)をよく聞き、人材を登用して治政にも努めた。705年武后が退位して中宗が復位すると、韋后は武后をまねて闇弱(あんじゃく)な中宗にかわって権力を振るい、武后の甥(おい)武三思(ぶさんし)と通じ、濫官(らんかん)政策を行って政治を乱した。710年、野心家の娘安楽公主と中宗を毒殺したが、睿宗の子李隆基(りりゅうき)(玄宗)に誅殺(ちゅうさつ)された。なお、安楽公主やのちに玄宗と対立して倒される太平公主も武氏と姻戚(いんせき)関係にあり、一連の政治事件に武氏一族が関与していることは注目される。[金子修一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の武韋の禍の言及

【韋后】より

…ついには中宗を毒殺したが,まもなく後の玄宗らに誅殺された。武后と並べて〈武韋の禍〉といわれる。【礪波 護】。…

【則天武后】より

…病床の身で幽閉された武后は間もなく亡くなった。中宗の皇后韋氏(?‐710)はかつての武后のごとき存在となり,後世,この2人は政治を乱したとし〈武韋の禍〉と非難されることが多かった。武后は死後,高宗とともに乾陵に合葬された。…

【唐】より

… このような政治の混乱を正し,〈貞観の治〉の再現をめざしてクーデタを起こしたのが,のちの玄宗であった。玄宗治世の前半が,年号にちなんで〈開元の治〉とたたえられているのに対し,武后と韋后という女性が権力を握った時代は,儒教に立脚する伝統的な史観から〈武韋の禍〉と称され非難の対象とされてきた。武后は人心収攬(しゆうらん)策として定員外の官職を設けたり,韋后は売官の制,つまり官職を金銭で売る制を始めたりしたからでもある。…

※「武韋の禍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

武韋の禍の関連キーワード玄宗[唐]開元の治韋氏の禍