コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死に至る病 シニイタルヤマイ

デジタル大辞泉の解説

しにいたるやまい〔シにいたるやまひ〕【死に至る病】

《原題、〈デンマーク〉Sygdommen til Døden》哲学書。キルケゴール著。1849年刊。絶望に至る病としてとらえ、神の前に自己を捨てる信仰によってのみこの絶望から脱することができると説いた。「新約聖書ヨハネ福音書」中の言葉に由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

死に至る病【しにいたるやまい】

原題《Sygdommen til Dφden》。キルケゴールの著(筆名アンティ・クリマクス)。1849年刊。〈死に至る病〉とは絶望を意味し,新約聖書の〈ラザロの復活〉におけるイエスの言葉〈この病は死ぬほどのものではない〉(《ヨハネによる福音書》11:4)にちなむ。絶望と,その真相たる罪の分析が内容をなし,同時代のキリスト教会批判として書かれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しにいたるやまい【死に至る病 Sygdommen til Døden】

アンティ・クリマクス著として1849年にコペンハーゲンで刊行されたキルケゴールの著作。題名は新約のラザロ復活物語(《ヨハネによる福音書》11章)から採られた。本書に語られる〈死に至る病〉とは,神との関係のもとで人間の自己に生じてくる〈絶望〉状態のことであり,肉体の死をもってすら終わることのない病である。本書は2部からなり,第1部では精神の病である絶望の一般的分析が,第2部では絶望の真相である罪のキリスト教的分析が行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しにいたるやまい【死に至る病】

哲学書。キルケゴール著。1849年刊。精神とは自己であるが、自己の病こそ絶望である。自己の超越的次元、すなわち全関係を措定した絶対他者への関係において、絶望から脱する道が示されるとした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の死に至る病の言及

【キルケゴール】より

…41年に論文《アイロニーの概念》を大学に提出してベルリンに旅立ち,シェリングの積極哲学の講義を聴く。 43年以降は,学位論文で確認した〈ソクラテス的アイロニー〉のもつ否定的弁証法を著作活動に生かし,実名で刊行した多くの宗教講話に並べて,偽名で《あれか―これか》《反復》(以上1843),《哲学的断片》《不安の概念》(以上1844),《哲学的断片への後書》(1846),《死に至る病》(1849),《キリスト教における修練》(1850)などの文学的・哲学的・宗教的な著作を発表。大地震体験における罪の内面深化とレギーネ体験に基づく愛の内的反復とが,これらの作品を通して〈いかにして真のキリスト者になるか〉という課題に昇華され,当時のヘーゲル主義的思弁の哲学や神学に対して,主体的な実存の立場を打ち出すこととなった。…

【罪】より

…そのため,キリスト教の罪観念は一般的価値としての善悪の観念によっては測られないものがある。キルケゴールは《死に至る病》(1849)第2部で,悪を善の欠如や無知と呼ぶギリシア哲学の規定は,キリスト教の罪観念をほとんど理解しないものだ,という。この書は罪を神の前での絶望,反抗と呼び,神と人間との根源的関係の齟齬(そご)と規定したが,この規定はS.フロイトやユングにおいても顧みられている。…

※「死に至る病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

死に至る病の関連キーワード死にいたる病絶対他者老年学白血病次元

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

死に至る病の関連情報