殺風景(読み)さっぷうけい

精選版 日本国語大辞典「殺風景」の解説

さっ‐ぷうけい【殺風景】

〘名〙 (形動) (風景をそこなう意)
① 自然の風致に乏しいこと。景色や風景に変化がなく趣がないさま。
※空華集(1359‐68頃)三・雪朝歩帰途中作「自笑老来殺風景、工夫終不吟懐
※新聞雑誌‐四六号・明治五年(1872)五月「鉄道電線等の壮観を汚して風景(サッフウケイ)のみならず」 〔蘇軾‐次韻林子中春日新隄書事見寄詩〕
② 人に風雅の趣が欠けていること。なんの飾り気もおもしろみもないさま。また、興ざめなさま。無風流。無趣味。
日葡辞書(1603‐04)「Sappǔqeina(サップウケイナ) ヒト」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)二「上郎買の座敷で米が安いのが高直のといふに斉しく、はなはだ殺風景(サップウケイ)だ」
③ 興趣をそぐさま。陰気でさびしいこと。
※蔭凉軒日録‐文明一九年(1487)二月一六日「愚云。庭梅今明盛開。可諸老之一覧之志耳。聊草盤之外無余之煩費。実殺風景也」
俳諧去来抄(1702‐04)同門評「、殺風景也。山寺といひ秋夕と云、晩鐘と云、さびしき事の頂上也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「殺風景」の解説

さっ‐ぷうけい【殺風景】

[名・形動]《「殺」は、けずる、そぐ意》
眺めに情趣が欠けていたり単調だったりして、見る者を楽しませないこと。また、そのさま。「殺風景な冬の浜辺」「殺風景な高速道路」
おもしろみも飾りけもなく、興ざめがすること。また、そのさま。無風流。「殺風景な話題」「殺風景な人」
[類語]荒涼寂しい寂寥せきりょう寂寞せきばく索莫さくばく落莫らくばく蕭然しょうぜん蕭蕭しょうしょう蕭条しょうじょう蕭殺しょうさつ寥寥りょうりょう寂然じゃくねん・せきぜん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android